ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

仕込み疑惑追っかけ女性 年間400万円使い家賃2.9万円生活

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「またあの女だ!」──のりピー、押尾、ASKA被告と、有名人の事件ともなれば、いつもテレビのインタビューを受けるこの女性。どの現場でも同じように「わたし、彼の大ファンなんです」と語る彼女の姿に、テレビ局の“仕込み”ではないかという声が上がるのも無理はない。しかし、彼女は単なる有名人の追っかけなのだ。

「はっきり言います。私はガチです! ただ、好きな有名人を追っかけているだけなんです」と話すのは、秋本志保さん(39才)。ASKA保釈時に湾岸署に駆けつけたファンの一人としてニュース番組の取材を受けた人物だ。実は、以前にも酒井法子や押尾学の保釈時にも同様の取材を受けており、いろいろな有名人を追っかけまくっているというのだ。

 小学校の時にチェッカーズの追っかけとなり、その後にCHAGE and ASKA のファンにもなったという秋本さん。それ以外にも歌舞伎役者もターゲットなのだという。

 そんな秋本さんに大きな転機が訪れたのは、大学時代のこと。1990年代中盤、世の中がオウム事件で騒然としていた時期だった。

「オウム真理教の外報部長だった上祐史浩さん(51才、現『ひかりの輪』代表)にハマっちゃったんですよ。それで裁判も傍聴するようになって…。普通の上祐ファンはマスコミを警戒していたので、カメラを見つけると逃げたりしていたんですが、私はテレビに映っちゃったんです! ”ヤバい、裁判行くとテレビに映る!”って、もう興奮しちゃって…。

 お母さんも、“生まれたからにはどんどん前に出て行きなさい”っていうタイプだったから、喜んでくれました。これをきっかけに、有名人の裁判に行きまくるようになったんです」(秋本さん)

 そのうち、裁判やイベントでは、夜明け前から並んで、最前列を確保するとテレビにも映りやすく、レポーターからも話しかけられやすいこともわかってきたという秋本さん。

 テレビ露出に味をしめた彼女の追っかけは、ますます加速。2006年に長野県・田中康夫知事(58才)が辞任した際には、ヤマンバメイクで“別れを惜しむファン”として涙ながらに取材に答え、2010年の南アフリカW杯には試合会場に一番乗りして複数のテレビ局のインタビューを受けた。

 ハリウッド俳優の来日イベントもすべてチェックし、レッドカーペットの最前列を死守。登場したスターに写真をせがみ、これまでレディー・ガガ(28才)やマイケル・ジャクソン(享年50)など、200人以上の超有名人とのツーショット撮影に成功している。

「こんな私の生活に影響を受けたのか、気づけば今や、弟や妹も立派な有名人追っかけになっちゃって…。裁判の傍聴で3人がバッティングすることもザラです(笑い)」

 凄まじすぎる“追っかけ”生活。日本だけでなく、時には海外まで行っちゃうわけだけど、「いったいどうやって生活してるの?」という素朴な疑問が浮かんでくる。

「それはもう、大変ですよ。交通費や宿泊代など、追っかけ費用は月30万円、年間400万円ほどにもなるんです。でも私の場合、追っかけが忙しくて正社員にはなれなくて…。だから、派遣の仕事を掛け持ちして、それに加えて、『○○はこちら』とかいう看板持ちや、交通量調査のバイトをして稼いでいます。今住んでいるのは、家賃2万9000円の風呂なしアパートで、めちゃくちゃ切り詰めた生活してます」

 そうまでしても、追っかけは絶対にやめられないという秋本さん。取材が終わるや、手帳で次の“追っかけ予定”を確認すると颯爽と去って行った──。

※女性セブン2014年8月14日号

【関連記事】
TV局「コネ採用」 即効性あるも長期的には創造性枯渇の恐れ
テレビ熊本の情報番組 くまモンが登場で視聴率が必ずアップ
韓流スター追っかけにハマる山田優に小栗旬焦って入籍決断か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。