ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

首都圏ターミナル駅周辺 マンション供給過多で値下物件多数

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 マイホームはサラリーマンにとって「生涯最高額の買い物」だけに、消費税もバカにならない。だからこそ、今年3月までマンション市場は「駆け込み需要」に沸いた。では、増税後のこのタイミングでマンションを買うのは損なのか──。徹底取材すると、意外な現実が見えてきた。

 今年6月、消費増税前の「駆け込み需要」の時に決断できず、増税後に妻の妊娠が分かり、マイホーム購入の検討を始めたA氏(都内の30代サラリーマン)。A氏は、「乗り遅れた」と思っていたようだが、不動産屋の営業マンが差し出したある物件に心奪われた。それは丸ノ内線西新宿駅、都営大江戸線新宿西口駅から徒歩8分のタワーマンション。

 コンシェルジュサービス付き、ゲスト用の宿泊ルームサービスもある。高層階にある72平米2LDKの部屋には、広々としたウォークインクローゼットも付いている。

 今年3月には6500万円で出ていた物件だが、現在は6100万円まで下げている。そして営業マンは、A氏にこう耳打ちした。

「売主さんとの交渉次第ですが、5000万円台までは頑張れると思います」

 人気の東京23区を離れ、郊外となると格安物件はもっと見つけやすくなる。都内・多摩地区に住む40代サラリーマンのB氏が見つけた物件は、西武池袋線、新宿線が乗り入れる所沢駅(埼玉県)周辺で、今年3月には3280万だった物件が、現在2880万円まで値を下げていた。

 部屋は低層階だが、84平米4LDKとファミリー向けとして広さは申し分ない。リビングは床暖房完備で、玄関前のポーチにはトランクルームもある。駅からは徒歩約10分で、急行に乗れば40分もかからずに勤務先の新宿に着く。3000万円台で3LDKの物件を考えていたB氏には願ったりの物件だ。

「営業マンの話では、駅周辺には同じようなタワーマンションが10棟近くあり、競合する中古物件が多い。供給過多で増税前に売れ残り、仲介業者を変えたことを機に一気に400万円も下げたらしい」(B氏)

 このように、郊外のベッドタウンや複数の路線が乗り入れるターミナル駅周辺の場合、戸数の多い大規模マンションや超高層マンションが多く、物件が供給過多になりやすい。

「他にも、千葉県ではJRと東武線、京成線の駅がある船橋、神奈川ではJRと京急線の駅がある川崎、埼玉では川口なども物件が供給過多になっているため、値下げしたマンションに出会う可能性が高い」(不動産ジャーナリストの榊淳司氏)

 船橋では、JR下総中山駅から徒歩7分の3LDK・72平米の築浅物件が3180万から2980万円に、川口でもJR川口駅から徒歩10分の3LDK・66平米の物件が同様に200万円値下げ(3080万円→2880万円)していた。

※週刊ポスト2014年8月8日

【関連記事】
不動産投資 スペックだけにこだわらず「土地鑑」で物件選びを
欧米では築50年の物件が高値取引され値段下がらぬと大前氏
首都圏マンション 震災による「内陸シフト」はまだ発生せず

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP