ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キラキラな瞳に見せるアイメイク術

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人間関係にも大きく影響する、メイクがつくり出す印象。ちょっと変えるだけで、なりたい印象にぐっと近づける印象アップメイク』を紹介します。

毎日が充実していて、イキイキと過ごしているのに、「最近、忙しいの? 少し休んだほうがいいんじゃない?」なんて言われて、ハッとした経験はありませんか?

他人の目には、イキイキというよりも、疲れているように見えてしまっているとしたら残念…。そこで、今回はあなたの内面や生活の充実ぶりがそのままあらわれて、キラキラと輝いている瞳に見えるようなアイメイクのポイントをお伝えします♪

下まぶたに光沢のある白っぽいアイシャドウをのせる

下まぶた全体に、光沢のある白っぽいアイシャドウをのせると、レフ版効果のように瞳がキラキラと見え、白目も澄んで見えます。

肌の色によって、シルバーがかった白が映える人と、シャンパンゴールドのような色が映える人がいますので、どちらが合うか比べて試してみてくださいね。

ちなみに、立体的で彫りが深い顔立ちに見せたいときは、あえてダークな色のアイシャドウを下まぶたにのせて「影」をつくることがありますが、瞳がキラキラとしているように見せたいときは、「影」よりも「光」を演出することが大切です。

アイラインは黒のリキッドタイプでクッキリと描く

瞳がキラキラしているように見せるには、黒のリキッドタイプで、クッキリと濃い発色のアイライナーを使うのがおすすめです。

目と上まぶたの境目部分に描くアイラインが黒くクッキリしていると、コントラストがはっきり出るので、瞳はキラキラ、白目はより白く見えるのです。

まつげはしっかり上向きにカールさせる

まつげが下向きに下がっていると、目に影がかかっているように見え、目元が暗い印象に見えます。

ビューラーを使って、まつげをしっかり上向きにカールさせてくださいね。そうすると、目にかかる影が減り、一気に明るい印象になります!

上記3つのポイントをつかんで、キラキラな瞳を目指してみてくださいね☆

scotitish fold grey cat image via Shutterstock

■ あわせて読みたい
ベースメイクで実現! 真夏でも1日中さわやかフェイス
30秒でオフィスメイクを華やかにする印象チェンジ法
凛としたデキる女性っぽく見せるには、顔の上向きラインがカギ
「もう一度会いたい」と思わせる、チーク&リップのつかいかた
日焼け肌が美白肌に見えちゃうメイクの秘密
暑くても涼やかに見せるメイクの二大ポイント
「手抜き?」と言われない、ナチュラルメイクの極意

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP