ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

地方都市から賃貸革命、静岡発「オーダーメイド」でつくれる賃貸物件

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2年前、川崎市から静岡市に転居した田中さん夫妻。静岡市内の新居は、賃貸物件とは思えないほどオシャレでオリジナリティーに溢れています。聞けばここ、田中さん自身の要望をもとにつくられた「オーダーメイド」な賃貸物件なのだとか。
物件オーナー、デザイナー、入居者が三位一体となってつくりあげる理想の賃貸物件。そのプロセスを取材しました。

田中景さん(28歳)、悠美子さん(28歳)/夫婦/会社員
■住まいデータ
所在地:静岡県静岡市葵区
アクセス:東海道本線「静岡駅」よりバス10分、徒歩2分
築年数:築28年
間取り:2LDK/約56m2
家賃:9万2000円(管理費込み)
入居時期:2012年10月

突然の地方転勤。時間はないけど、家は妥協したくはない…どうする?

最近は賃貸でもオシャレにリノベーションが施された物件が増えつつあります。しかし、それは東京、大阪、福岡など大都市圏に限った潮流。地方都市においてはまだまだ事例に乏しく、リノベ物件はおろかデザイナーズ物件すらほとんどないのが現状かもしれません。では、地方でオシャレな賃貸物件に住みたい人はどうすればいいのか?

2012年10月、夫の転勤で川崎市から静岡市に転居してきた田中さん夫妻も、新居探しにあたってそんなお悩みを抱えていたとのこと。

「川崎のときも新築のデザイナーズ物件に住んでいて、とても気に入っていました。なので、静岡での新居も同じような雰囲気のところがいいなと思っていたのですが、当時このあたりにはあまりグっとくる物件がなくて……。けっこう急な転勤で物件探しの時間も限られていたから焦りましたね」

忙しい仕事と転勤準備の合間をぬっての新居探し。しかし、妥協はせず「静岡 デザイナーズ 賃貸 リノベーション」などのキーワードを軸に、根気よくインターネットで物件探しを続けた結果、ついに理想的な部屋に巡り合ったとか。

「その部屋は静岡のリノベーション物件が掲載されているサイトに載っていたんですが、写真を見てすぐ『この写真の部屋に住みたい』って思いました。残念ながらその部屋はデザインを手がけられた山口芳紀さんという方がそのまま事務所としてお使いになるということで僕らは住めなかったんですが、その山口さんから『これからリノベーション工事に入る物件があるから同じような雰囲気に仕立てることも可能ですよ』とご提案いただき、お願いすることにしました」(田中さん)

デザインから設備まで選べる「オーダーメイド賃貸」との出合い

当該物件は築28年の賃貸マンション。前入居者が退去し空室となったタイミングで、これからまさにリノベーション工事に入ろうかという段階だったとか。で、そのデザイン設計を任されていたのが山口さんだったと。かなり絶妙なタイミングですね。

「この物件のオーナーである落合さんは、もともと入居者が自分たちの好みに合わせて内装や設備をオーダーメイドできるような賃貸住宅をやりたいと考えておられました。そんななか、田中さんからの申し出もあり、じゃあここを静岡発『オーダーメイド賃貸』の第一号にしようと。内装材を全て取り払ったスケルトンの状態から、ご夫妻の要望を取り入れつつ形にしていきました」(アールデザインスタジオ・山口芳紀さん)

【画像1】夫婦が「ひと目惚れ」したという山口さんのデザイン。基本的にはおまかせしつつ、自分たち好みのエッセンスもプラス(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

【画像2】インテリアなどは旧居からのものをそのまま使用。持っている家具のテイストを加味して壁や床の素材もセレクトしているため、ミスマッチも起こらなかったそうです(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

田中さん夫妻にとってはまさに渡りに船。壁紙や床、細かい設備に至るまで自分たちでチョイスできる、しかも工事費(380万円!)は全額オーナーが負担。夢のようなうまい話に若干の疑いを抱きつつも、すぐに乗っかったそうです。

「賃貸物件で自分たちの好きなようにカスタマイズできるなんて最初は信じられなかったです。こんなチャンスを逃す手はないなと、すぐに入居を決めましたね。基本的なデザインは山口さんにお任せしつつ、夫婦ともにビンテージな風合いが好きなのでその観点から壁紙や床を選んでいきました。あとは細かい部分の要望にいろいろ々とお応えいただきましたね」(田中さん)

【画像3】中央の間仕切りを立てると部屋が2つふたつに分かれます。夫婦のご両親が泊まりに来られたときのことを考えた設計(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

【画像4】ちなみにこちらがビフォー。デザイン、設備とも現代のニーズにはマッチせず、なかなか借り手もつかなかったそう(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

かくして、デザイン性&機能性両立のオーダーメイドルームが完成

打ち合わせ期間含め1カ月半というスピードで完成したオーダーメイドな我が家。デザイン性はもちろん細かい設備に至るまで、夫婦の要望を完璧に満たすものに仕上がっています。例えば、大量の洋服を収納できる奥行きあるウォークインクローゼット、箱までとっておきたい「靴マニア」である夫のコレクションを全て保管できる玄関脇の大棚は、田中さんの要望によってつくられたもの。ほかにも、洗濯機置き場の上にバスタオルを置いておける棚を設置したり、洗面所の鏡が開閉式の収納棚になっていたりと、使い勝手に配慮した細かい工夫が随所になされています。

【画像5】寝室の壁にはコンクリート打ち放し風のデザインクロスを採用(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

【画像6】コンロは使い勝手の良い4口。奥の収納棚はモノに合わせて高さを調節できます(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

【画像7】箱を捨てられないほどに靴を愛する夫のため、玄関脇につくられた大量のシューズボックス(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

【画像8】トイレの壁紙はレンガ調(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

【画像9】スイッチにもこだわりが。細部にまでオシャレに抜かりなし(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

その一方で、洗面下やキッチンまわりにはあえて収納スペースをつくらず空洞状態に。住みながらカスタマイズできる余地も残しています。山口さんによれば「一部に余白をつくり住まい手に委ねることで、カスタマイズして暮らす楽しさが生まれると思います。例えば田中さんの場合、洗面下の空白スペースに突っ張り棒を立ててうまく収納をつくり、その上からビンテージ風の布をかけてオシャレに使ってくれています。そうした自由な発想を楽しんでいただく部分も含め、オーダーメイドなのかなと思います」とのこと。

なお、田中さん夫妻がここに転居してからすでに2年近く経っていますが、壁や床にはシミひとつなく、まるでつい最近住み始めたかのような綺麗さ。とても大切に住んでいるのが伝わってきます。それも「自分たちでつくりあげた」という愛着があればこそではないでしょうか。

【画像10】左からオーナーの落合さん、田中さん夫婦、デザイナーの山口さん(写真撮影:SUUMOジャーナル編集部)

なお、当物件オーナーの落合さんは今後も山口さんとタッグを組み、こうしたオーダーメイド賃貸を拡大していくそうです。静岡を皮切りに、他の地方都市でもこうした事例が増えていくことに期待したいですね。

●オーナーからのメッセージ
「工事が終了し入居者の方が初めてこの部屋に入ったとき、とても感激されていたのをよく覚えています。玄関付近から一つひとつの変貌ぶりに興奮されたご様子で、リビングに来られるまで15分くらいかかりましたからね(笑)。賃貸住宅ってどれも金太郎飴みたいで同じようなものばかりですよね。賃貸市況は厳しさを増していますし、お客さんの目も肥えていますから今後はそれじゃあ生き残れない。オーダーメイド賃貸のような住まい手目線のサービスが不可欠になってくると思います。東京のような巨大市場ではなく、地方都市でもそれが実現できるんだということを証明していきたいですね」 オーナー・落合淑彦さん
元記事URL http://suumo.jp/journal/2014/07/30/66415/

【住まいに関する関連記事】

住む人の意見を取り入れる「オーダーメイド」な賃貸マンションとは?
壁を自由にカスタマイズ!「カスタマイズUR」の入居者募集がスタート
できるだけ長く住みたい!愛着の持てる賃貸住宅、その最前線(前編)
住み手が編集するリノベーション。「着こなす賃貸」第1弾が月島に誕生
つくるところから参加できるシェアハウス「ユウトヴィレッジ」

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP