ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高1殺害容疑者 勉強していることを小バカにされ、給食に薬剤

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 長崎県佐世保市で発生した高1女子生徒殺害事件。7月27日、県立高校1年の松尾愛和さん(享年15)を自宅マンションで殺害したとして、同級生のA子(16才)が逮捕された。松尾さんの後頭部をハンマーで何度も殴った後、ひもで首を絞め、さらに遺体をベッドに寝かせた状態で、首と左手首をのこぎりで切断。腹部は大きく切り開かれており、胴体には数か所の切り傷や刺し傷があったという。

 現場となったのはA子がひとり暮らしをしていた月6万円、10畳のワンルームマンション。その部屋からは、2kmほど離れたところにある実家や、そのすぐ近くにあるA子が通っていた高校は見えない。しかし徒歩1分の距離で、線路の向こうにある弁護士の父の職場から、彼女の部屋はよく見えた。

 A子の実家は、坂道をのぼった高台、佐世保市内でも有数の高級住宅街にある。祖父はすでに他界しているが、ともに小学校教諭だった“両親のために”と、A子の父が建てた家が隣接している。「息子に贅沢させてもらっている」それが祖母の口癖だった。

「A子の両親は長崎市出身で小学校からの同級生。ふたりとも地元の有名人でした。父親は有名企業の顧問弁護士を務めていて、かなりのやり手。真面目で紳士的で、中肉中背の男前でね。奥さんもA子と、5才年上の長男、2人の育児と家事をこなしながら、教育委員を務めたりして。教育熱心でしたね」(地元住民)

 父が県内のスピードスケート界のパイオニア的存在ということもあって、A子は兄とともにスケートを始め、今年1月には親子で国体に出場するほどの選手となった。またA子は幼い頃から両親の趣味に親しみ、その才能を伸ばしてもいた。

「小学校時代から地元のピアノコンクールや美術作品展で入賞してました。頭もすごくよかったから、“文武両道の多才”。暗くて変わった感じもあったから、正直近寄りがたい存在でした」(A子を知る人)

 複数の学校関係者の証言でA子は小学校時代、同級生2人の給食に5回にわたって粉末洗剤やベンジン、漂白剤をスポイトで混入させる問題行動を繰り返していたことが明らかになっている。この時A子は、そうした行動を繰り返した理由を「勉強していることを小バカにされたから」と、話していたという。

 また捜査関係者の話によれば、彼女は小動物の解剖を繰り返したりもしていたようだ。

 もしかしたら周囲からの視線が、A子を孤立させていたのかもしれない。普段は物静かなタイプだったが、突然大声を上げたり、泣き出すこともあったという。

※女性セブン2014年8月14日号

【関連記事】
SAPIO人気連載・業田良家4コマ漫画【2/2】「平和小学校の校則」
1月1日~4月1日に生まれた人を「早生まれ」と呼ぶ定義と由来
破廉恥教師 校内性行為で停職3か月、下半身露出が停職6か月

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP