ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「まだまだ先生の作品を歌っていきたかった」美川憲一「さそり座の女」など作曲 中川博之氏を偲ぶ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月11日に肺がんのため亡くなった、「ラブユー東京」「さそり座の女」「好きですサッポロ」などのヒット曲で知られる作曲家・中川博之氏(享年77)のお別れの会が、7月30日、東京・内幸町の帝国ホテルで開催された。

数々の中川作品を歌った歌手、美川憲一は「中川先生の歌を沢山、大切に歌ってきて、『さそり座の女』と出会い、そのことで今の自分があると思っています。まだまだ先生の作品を歌って行きたかった。歌の心を大事に、歌い続けていきたい」と、歌い手を代表してお別れの言葉を話した。

中川氏は、1963年に作曲家としての活動を始め、今年が作曲生活50周年というメモリアルイヤーを迎えていた。これからも多くの名曲が歌い継がれていくことになるだろう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP