ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鈴木亜紀『いちばん暑い日』がリマスター&未発表ライヴ音源収録で再発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

鈴木亜紀『いちばん暑い日』がリマスター&未発表ライヴ音源収録で再発売

都内のライヴ・ハウスを拠点として、全国をまわり旅にまつわる何ともつかぬ感情をピアノで弾き語る個性派ミュージシャン・鈴木亜紀が2000年に発売したアルバム『いちばん暑い日』をリマスター、さらに5曲の未発表ライヴ音源を収録して8月27日(水)に再発売することが決定した。

独自の視点で人や自然を見つめ、どこまでもオリジナルな詩とメロディーを自由奔放なピアノに乗せて歌うアーティスト・鈴木亜紀。音楽だけにとどまらず、写真、文筆、スペイン語翻訳など、さまざまな方法で表現し続けている彼女が2000年に発表した作品『いちばん暑い日』は、鈴木亜紀の世界観の根っこにある、故郷の夏祭り。太平洋を臨む古い漁師町の“女ご法度”の風習に怒りながらもコミカルに描く、うぶすなの地への敬意が込められた作品。旅を歌い続ける鈴木亜紀が“そこから世界のどこへだって旅立ってきた”原点、日本の夏の風景が歌われている。連日の猛暑列島に良く似合うアルバムだ。この夏は8月15日(金)に鈴木裕(vln,g)とのユニット「スズキ×スズキ」で〈RISING SUN ROCK FEST.2014 in EZO〉にも出演が決定している。(岡本貴之)

・『いちばん暑い日』オリジナル音源の一部をOTOTOYから配信中!!
http://ototoy.jp/them/index.php/3854
・鈴木亜紀オフィシャル・ウェブサイト
http://suzukiaki.com/

鈴木亜紀
『いちばん暑い日』
2014年8月27日(水)発売
JONDOMAR Records JDMR-005
※リマスター盤・紙ジャケ仕様・全曲スペイン語訳詞付
2200円(税抜)
〈収録曲〉
それやれやれよ
(Introduction)
いちばん暑い日
たそがれ
ひぐらし
それやれやれよ
〈live tracks〉
ひまわり
percussion and chorus 石川 智
bass コモブチ キイチロウ
2001. 3.26 大塚 welcome back
海が見えるよ
violin 太田惠資
2006. 8.10 名古屋 TOKUZO
片浜海岸
2005. 9.20 福岡 Cafe 楽屋
クラゲの二人
2008.6.11 青山 月見ル君想フ
月影
accordion 良原リエ
2003. 9.19 那覇

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。