ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゲーセンの個性的な警告文に「全国で採用するべき」の声多数

DATE:
  • ガジェット通信を≫

コンビニトイレの「いつも綺麗に ご利用頂き…」や、月極駐車場の「無断駐車は○万円申し付けます」、さらにはつけ麺屋のこだわり書いた、”路上ポエマー”風の謎の紙など、とかく、我々が目にすることの多い案内文や警告文。その多くは、判で押したように、日本全国同じようなものばかりであるが、なかにはかなりのインパクトを持った、オリジナル系も存在している。

この貼り紙を作成・掲示したのは、大阪にあるゲームセンター・ジーパラあべの。一見、どこにでもある禁止事項に関する注意書きのように見えるが、よくよく読んでみると、「コレが守れない人は猿以下」「滑稽なのでやめておきましょう」といった、なかなか刺激的な文言が並ぶ。そのため、同店のtwitterアカウントでも「禁止事項の注意書きを貼ったら(*^O^*)☆誰もこなくなっちゃった~☆」と、思わぬ”効果”が出てしまったことがにおわされているが、意外なことに、ネット上での評判は上々だ。

「正論w来なくなったって事はつまりそういう事ですね(笑)」
「全国で採用するべき」
「ぐう正論w」
「人生のレートは0wwww」
「これはドツボにハマった(爆笑)適確な表現と威圧、面白い瞬間でした」
「まともだ…」

店の治安や風紀を乱す客は、どんな種類の業種にとっても、なかなか扱いづらいもの。しかしこうした訴求方法が効果を発揮すれば、今後、追従する店舗も増えていくのかもしれない。どんな貼り紙が登場するかわからない”個性派ゲーセン”の今後の”新作”に、ゲームファンならずとも大注目だ。

文・久保田太陽

【参照リンク】
・該当ツイート
https://twitter.com/Gpalaabeno/status/493636217469026305/photo/1 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP