ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

録画視聴率の登場でクリエイティブな番組作りが減る懸念あり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7月14日に初めて発表された「タイムシフト視聴率」(録画再生率)への反応は各テレビ局、テレビマンによって様々だ。反転攻勢のきっかけになり得るという声があがる一方で、バラエティや情報番組の制作現場から懸念が聞こえてくる。バラエティ番組を担当する制作会社スタッフがいう。
 
「そもそもバラエティや情報番組は高いタイムシフト視聴率は望めない。だからこそこれまで通り“表の視聴率”を取るべく作るしかないが、そのために地上デジタルの双方向機能を使ったクイズやプレゼント企画を乱発するばかりの番組が増えかねない。

 また、ジブリ作品など超人気アニメの再放送などで安易にタイムシフト視聴率を狙うことが増え、クリエイティブな番組作りの枠がさらに減るかもしれない」
 
 来年1月には、従来の視聴率と同様、タイムシフト視聴率も数日のタイムラグで確認できるようになる見込みという。この新たな指標がもたらすのは、テレビ番組の活性化か、それともさらなる地盤沈下か──。

※週刊ポスト2014年8月8日号

【関連記事】
録画視聴率 TV業界も「本当は視聴者多い!」PR方向へ舵切った
「録画視聴率」の指標登場 TV界の常識を激変させる可能性も
小林麻耶の報道番組大コケ以降ゴールデンでバラエティ激増 

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。