ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

来年の「土用の丑の日」に赤信号!供給ストップで「脱法ウナギ」ですらも高騰必至!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

土用丑の日の前日にあたる7月28日、来年のウナギ事情を左右しかねないニュースが舞い込んできた。日本のある大手水産加工会社によると、現在、中国から大量に輸入されているヨーロッパウナギを、中国側が来年2月以降は輸出しない方向で検討しているというのだ。

そもそもヨーロッパウナギの輸出国として知られていたEUでは、2010年から輸出を禁止しているため、我々の元へと流れてきているヨーロッパウナギは、それ以前に、稚魚のシラスウナギの状態で中国へと持ち込んだ、いわば「脱法ウナギ」とも言うべき、抜け荷的な代物。しかし、現在、スーパーなどの小売店や外食産業などでは、年々高騰し続ける国内産ウナギにかわり、中国産のウナギが主力であることは紛れもない事実で、このままいけば、来年のウナギ事情がかなり危機的なものになることは必定だ。

土用の丑の日から一夜明けた今日、スーパーなどでは、昨日までよりも価格の下がった状態でウナギを提供するケースも目立つ。「脱法ウナギ」ですらも手が届かなくなる前に、皆さんも、その味に舌鼓を打ってみては如何だろうか。

文・島田克彦

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP