ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京で本場の味! 英国国際フィッシュアンドチップス協会公式認定店『MALINS』がオープン!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

英国の代表的な料理といえば、フィッシュアンドチップスです。

お魚さんを揚げたもの、お芋さんを揚げたもの、そこにビネガーやマヨネーズをかけた料理です。シンプルですが、お店によって仕上がりに違いがあり、奥の深い料理でもあります。

東京に、英国国際フィッシュアンドチップス協会公式認定店『MALINS』がオープンしました。勿論、フィッシュアンドチップス専門店です。

本場のフィッシュアンドチップスが食べられる、日本でも数少ない貴重なお店です。

フィッシュアンドチップスの魚は、タラ系の白身魚をフライにしたものが主流です。コッドやメルルーサ等の魚がよく使われているそうです。

魚の鮮度、厚み、柔らかさ、衣の食感、そして揚げにかける時間、それらによって美味しさが変化します。

よって、店によって味が微妙に違うのです。

チップス(フライドポテト)は、細切りより太い物がよく使われています。

太いほうがビネガー、マヨネーズ、タルタルの味をとらえるからでしょう。

『MALINS』では普通のタラではなく、マダラを使用しているそうです。より上品なテイストが味わえるわけです。

英国のビールも飲む事が出来るので、英国気分に浸る事が出来ます。

店内は狭いものの、清潔感があってゆっくりできる感じ。テイクアウトしているお客さんも多くいましたよ。

最初はタルタルがついていませんが、店員さんに言えば無料でもらう事ができます。

ビネガーは英国のものですが、ややマイルドな感じ。

ガチで英国風にしたいなら、持ち帰って自分で買った強いビネガーをかけても良いでしょう。

推奨する食べ方は、フィッシュアンドチップスにビチョビチョになるくらいビネガーをたっぷりとかけて、そこにたっぷりとマヨネーズをかける食べ方。美味しいですよ。

MALINS
東京都港区六本木7-12-3
年中無休

Post: GoTrip http://gotrip.jp
Via: http://www.malins.jp

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP