ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新和系パフォーマンスユニット「六三四」って?新たなクールジャパンへの期待も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人気漫画の海外配信、フランスで開催されたジャパンエキスポへのアイドル進出など、近年は世界各国から日本の文化に対する注目が集まっているが、そうした中、日本伝統の「和」をテーマとした演劇パフォーマンスを披露する「六屋敷 三之助四左衛門助太郎九兵衛宗清」(略名『六三四』)というユニットが出現。その旗揚げ公演に注目が集まっている。

このユニットは、その名が示す通り、全力で「和」な世界観を軸としつつも、和ロックテイストの楽曲をベースに、殺陣などを盛り込んだ、実に個性的なパフォーマンスが持ち味。そのため、「新しい形でのクールジャパンを打ち立てられるのでは?」と、早くも国内外の演劇関係者から注目を集めている。

なおこの『六屋敷 三之助四左衛門助太郎九兵衛宗清』の第零回公演『結び』は、8月4日に武蔵野芸能劇場(東京・武蔵野市)で開催予定。古いタイプの伝統芸能でもなく、また、ポップすぎるパフォーマンスだけでもない、この”第三の和”を、みなさんも、この夏の宵に満喫してみては如何だろうか。

文・鈴木將義

【参照リンク】
・演劇パフォーマンスユニット 『六屋敷 三之助四左衛門助太郎九兵衛宗清』略名『六三四』(ムサシ)
http://www.634.club/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP