ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国版『のだめカンタービレ』のだめ役はシム・ウンギョンに決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 韓国で860万人以上を動員し、日本でも公開中の映画『怪しい彼女』主演のシム・ウンギョンが、韓国版『のだめカンタービレ』に、野田恵(のだめ)役で主演することが発表された。
『のだめカンタービレ』は、二ノ宮知子の同名人気コミックが原作。日本では野田恵(のだめ)役・上野樹里、千秋真一役・玉木宏で実写化されており、テレビドラマ、映画ともに大ヒットを記録している。

【関連:「のだめカンタービレ」には実はもう一つの連載候補があった】

 シム・ウンギョンは今回の起用に「マンガの『のだめカンタービレ』をとても楽しく読んでいたので、ドラマも見ていて上野樹里さんのファンでした。いつかはこんな魅力的なキャラクターに挑戦してみたいと思っていたので、とても嬉しいです。私なりののだめをみなさんにお見せしたいです」とコメントを寄せている。

 また、韓国版では千秋役を人気俳優チュウォン(『製パン王 キム・タック』)が演じ、シュトレーゼマン役にはペク・ユンシクが決定。韓国版ドラマ『のだめカンタービレ』は10月からKBS 2TVで放送開始予定となっている。

(c)2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP