ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コーエーテクモゲームス「ガストを買収」の報に早合点ユーザー続出か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月28日、突然発表となったゲーム大手のコーエーテクモゲームスによる株式会社ガストの合併報道。この発表が瞬く間に「コーエーがガストを買収!」とネット上に拡散したため、ファミリーレストランのガスト(すかいらーくグループ)を、ゲーム会社のコーエーテクモゲームスが買収したかのように早合点してしまったユーザーも出現した。

「俺たちのガストが買収…だと?」
「ゲームだけじゃなくて、ファミレスにも参入か…」
「信長コラボメニューとかやるのか?」
「ガスト無双」
「大航海時代フェア待ったなし」
「…って、本当にガスト???」

…と、ファミリーレストランのガストが広く浸透しているせいか、はたまた、プレスリリースの内容がわかりづらかったのか、両者を混同して色めきたつ人の声も。

しかし、結論から言ってしまうと、この「株式会社ガスト」は、ガストはガストでもガスト違い。コーエーテクモホールディングス傘下のゲーム会社のことで、長野県を拠点に、これまでRPG『アトリエシリーズ』などの作品を手がけてきた会社。無論、目玉焼きハンバーグも、山盛りフライドポテトも販売していない。

発表によると、今回の合併は、グループの主力ブランド「コーエー」「テクモ」及び「ガスト」をコーエーテクモゲームスに集約し、さらなる価値の創造を目指す方針の模様。巷のランチ事情に影響はなさそうだが、同社の今後のさらなる飛躍と、魅力的なコンテンツの発表に、今後もゲームファンを中心に注目が集まりそうな気配だ。

文・葛西敦規

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。