ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

V系バンドの飲み会がいかに「ゲスい」のかを参加女子が暴露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ビジュアル系バンドといえば、コアなファン層を持つことで有名だが、そんなファンたちの憧れが、メンバーたちとの直接の交流だ。なかにはメンバーたちとの飲み会に参加しているファンもいるというが、そこはどんな空間で、どんな会話が行なわれているのだろうか。

 実際に、週1回程度のペースでビジュアル系の飲み会に参加しているという女性、モモカさん(21歳)は次のように話す。
 
「私が顔を出しているビジュアル系飲み会の参加者は、大半がフリーター、女子大生、キャバ嬢、風俗嬢の子たちですね。そこには、1990年代末から活躍していて、海外公演もソールドアウトするような某有名バンドのベースの人も来ていますし、若手で2000人のライブハウスを埋めるくらいの勢いがあるバンドのメンバーもいますね。
 
 飲み会の雰囲気は、一言で言えば、『こんなゲスな飲み会この世にあるんだ』っていう感じです。バンドマンはお金がないので女子も割り勘で支払いますし、平気で女子を『おいブス!』とか呼ぶ人もいる」(モモカさん)
 
 また別のバンギャル(ビジュアル系バンドの女性ファン)のユリアさん(25歳)はこう語る。
 
「繋がっている(※直接連絡先を知っている)メンバーから『今どこ? 六本木いるから来いよ』みたいな感じで誘われて、深夜から朝方まで飲みます。早朝に持ち帰られる人もいれば、朝から喫茶店でぼーっとする人もいる。ファン同士も顔見知りが多いので、嫌いな女と鉢合わせてしまうこともあります。

 ファンの中には、結構お金を稼いでいる女の子もいるので、飲み会で20歳くらいの若手バンドマンに『可愛いー!』と言い寄って貢ぎはじめる子もいます。基本的にカオスな空間ですね」(ユリアさん)

 参加者がこぞって「カオス」と語る、ビジュアル系メンバーの飲み会。それでもファンにとっては、羨望の場所であることは間違いないようだ。

【関連記事】
自称・ビジュアル系バンド男 ベース背中に背負いナンパ成功
若手バンドマンを「ヒモ」にし同棲する女性たちの生態と心理
バンギャル歴が長い女性ほどキャバクラ勤務が多くなる背景

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。