ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SEAMO、野外フェス「TOKAI SUMMIT’14」で観客約10,000人を魅了

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2007年よりSEAMOが発起人となり、今年で8年目を迎える、東海地区屈指の夏の大型野外フェス「TOKAI SUMMIT’14」が三重県桑名市、ナガシマスパーランド芝生広場・野外特設ステージにて開催された。

夏の炎天下の下、フロントアクトのBRIDGET、SHUNが登場しスタート。

SEAMOの盟友、九州男、nobodyknows+、HOME MADE家族はもちろん、今年初登場となるGAKU-MC、DISH//、Lead、LITTLEやC&K、清水翔太、Da-iCE、Hilcrhyme、leccaなど全国より多数のアーティストが加わり、それぞれが最高のパフォーマンスで約10,000人の観客を盛り上げた。

もちろんフェスの大トリを飾るのは発起人であるSEAMOが登場。

得意の天狗スタイルで登場した瞬間から盛り上がりは最高潮に。「ルパン・ザ・ファイヤー」等の代表曲はもちろんの事、過去の楽曲も多数混ぜ込んだセットリストで観客を盛り上げると、極めつけの1曲、nobodyknows+、HOME MADE家族をステージに呼び込み、NHK・民放連協同ラジオキャンペーン・テーマソングである「未来への種」を3組で披露した。

アンコールでは、SEAMOの代表曲「Continue」を披露し会場を感動で包み込み、同フェスが終了した。

SEAMOのホームタウンである東海地区屈指の夏の大型野外フェス「TOKAI SUMMIT」今後の開催が既に待ち遠しく思える1日となった。

関連リンク

■SEAMO OFFICIAL WEB SITEhttp://www.seamo.jp/
■UNIVERSAL MUSIC / SEAMO WEB SITEhttp://www.universal-music.co.jp/seamo
TOKAI SUMMIT’14 OFFICIAL SITEhttp://tokai-summit.net/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP