ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

清木場俊介ソロ10周年の集大成、アルバム&ライブDVD2作品同時リリース決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

清木場俊介が7月28日放送のレギュラーラジオ番組・TOKYO FM「清木場俊介のRockin’ the Doors」にて、10周年を締めくくる集大成ともいえるアルバム、そしてライブDVDを、9月10日に同時リリースすることを発表した。

ソロ活動10周年となる今年2014年は、3月5日にリリースした「唄い屋・BEST Vol.1」でEXILE ATSUSHIと共演し、オリコンウィークリー初登場5位(ソロキャリア最高同位)を記録。5月21日には10周年企画シングル「幸せな日々を君と」、7月23日にはシングル「ROCK★STAR」を発売。そしていよいよ10周年プロジェクトの総決算となる作品が、今回のニューアルバム&ライブDVDの2作だ。

アルバムのタイトルは「MY SOUNDS」。清木場は今回のアルバムに対し、「今の清木場がすべて詰め込まれた、等身大の作品になっている」とストレートに語っている。真骨頂であるバラードから、ソロ活動の主体であるロックナンバーまで、幅広い楽曲が収録されたカラフルな作品で、彼が今表現したいこと・表現できることをリアルに歌に込めた、強さと優しさの両局面を持った1枚に仕上がっている。

そして、アルバムと同日にライブDVD「10th Anniversary Acoustic Live “MY SOUNDS” 2014.5.6 at TOKYO DOME CITY HALL」をリリースすることも発表。こちらには、今年の4月29日~5月6日に行われたアコースティックツアーの最終日となった、TOKYO DOME CITY HALLでの公演の模様が収録される。

また、購入者プレゼントキャンペーンも決定。詳細は清木場俊介10周年記念サイトまで。

なお、ニューアルバム&LIVE DVDを受け、10月11日神奈川・よこすか芸術劇場からの全国ツアーが既に発表されている。

清木場俊介10周年記念サイト
utaiya10th.net

リリース情報
アルバム「MY SOUNDS」
2014年9月10日発売
収録曲未定
初回盤 VIZL-706 3,800円+税
通常盤 VICL-64202 2,900円+税

ライブDVD「10th Anniversary Acoustic Live “MY SOUNDS” 2014.5.6 at TOKYO DOME CITY HALL」
2014年9月10日発売
収録曲未定
VIBL717~718 6,000円+税

ツアー情報
清木場俊介 ROCK&SOUL 2014
10月11日(土)よこすか芸術劇場(問)H.I.P. 03-3475-9999
10月13日(月・祝)松戸 森のホール21 大ホール(問)H.I.P. 03-3475-9999
10月19日(日)Zepp Fukuoka(問)キョードー⻄日本 092-714-0159
10月26日(日)愛知県芸術劇場 大ホール(問)キョードー東海 052-972-7466
11月 3日(月・祝)倉敷市民会館(問)夢番地岡山 086-231-3531
11月 8日(土)大宮ソニックシティ 大ホール(問)H.I.P. 03-3475-9999
11月27日(木)Zepp Sapporo(問)ミュージックファン 011-208-7000
11月29日(土)仙台市民会館 大ホール(問)キョードー東北 022-217-7788
12月6日(土)グランキューブ大阪(問)サウンドクリエーター 06-6357-4400
12月7日(日)グランキューブ大阪(問)サウンドクリエーター 06-6357-4400
12月13日(土)東京国際フォーラム ホールA(問)H.I.P. 03-3475-9999
12月14日(日)東京国際フォーラム ホールA(問)H.I.P. 03-3475-9999

関連リンク

清木場俊介 十周年記念サイトhttp://utaiya10th.net/
清木場俊介 オフィシャルサイトhttp://www.kiyokiba.net/
清木場俊介 レーベルサイトhttp://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A022421.html
清木場俊介 スタッフtwitterhttps://twitter.com/utaiya10th
清木場俊介 スタッフInstagramhttp://instagram.com/utaiya10th

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP