ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

笑い取れずに団長が謝罪! 安田大サーカスも登壇したCR戦国無双新機種発表会

DATE:
  • ガジェット通信を≫

株式会社サンスリーと株式会社三洋販売は、今年発売から10周年を迎えた人気ゲームソフト『戦国無双』シリーズを原作としたパチンコ機種『CR戦国無双』をリリース。その新機種発表会が2014年7月28日(月)、六本木ニコファーレで行なわれ、会場にはメインMCの南まりか、ゲストMCの安田大サーカスが登壇した。

発表会冒頭では『CR戦国無双』の紹介映像が上映され、南まりかが機種の魅力を解説。新筐体「メガパトサイクロンZ」第1弾機となる本機には、業界初搭載となる、確変の際にボタンを押すだけでハンドルを回す必要がなくなる「右打ちボタン」や、押さずに回す「サイクロンボタン」、16ラウンドの消化時間が約100秒という業界最速級のサイソクアタッカーなど、様々な仕掛けが搭載されているようだ。

そんな解説を受け、パチンコに詳しいというクロちゃんは「今からわくわくしちゃってどうする?」と団長に聞かれ「どうしよう! ちょっとイマジネーションしてみますね!」とコメント。しかし、その不思議なボケに対してキョトンとしている会場の雰囲気を察し、「笑いをお届けするお笑い芸人として呼ばれたのに、ひとつも笑い取ってなくて皆さんすみません!」と団長が謝罪し、会場の笑いを取る一幕も。

また、ライブゲストとして『CR戦国無双』のメインテーマソング「孤高の証」を歌う歌手の凛による迫力あるライブも行われた。アイドル好きでも知られるクロちゃんは、サイリウムを手に「凛ちゃん推せる推せる!」と早くもファンになった様子。ライブ後、どんな思いでメインテーマを歌っているのか聞かれると、凛は「熱い気持ちをたぎっていただけるように、みなさんがますます打ちたくなるように歌っています!」と熱くコメントしていた。

イベント終盤では9月4日発売予定となるシリーズ最新作、PS3版「戦国無双4」の紹介映像も上映され、戦国無双の魅力がたっぷり届けられた今回の発表会。さらに、『CR戦国無双』実機バトルや「戦国無双4」ゲーム実況のニコニコ生放送「CR戦国無双新機種発表会 メディア対抗バトル-ニコファーレ夏の陣-」も行われ、パチンコライターの優希、青山りょうをはじめ、人気ゲーム実況主であるドグマ風見やガッチマン、ねぎたんらが登壇するなど、非常に豪華な内容となった。

【参照リンク】
・CR戦国無双公式HP
http://www.sanyobussan.co.jp/products/santhree_pk_sengokumusou/ 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP