ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

隅田川花火大会後のゴミの山に呆れ声多数 「マジで恥知らず」「酷すぎる」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

去る7月26日に東京で開催された「隅田川花火大会2014」直後に、浅草などの近隣地域の路上がゴミだらけの”無法地帯”になっていたことを受け、現在、全国から呆れまじりの非難の声が相次いでいる。

日本人のゴミマナーに関しては、先頃開催されたサッカーのワールドカップにおいて、海外のサポーターたちから絶賛されたばかり。にもかかわらず、国内の、それも首都・東京の花火大会でこうした”惨状”となってしまったことに、ネット上は落胆や憤りの声であふれかえった。

「マジで恥知らずだな これやから田舎モンは」
「ゴミを生むゴミ」
「酷いな。日本から出て行って欲しい」
「これは規制されなきゃおかしい」
「同調圧力の逆がこれ」
「W杯のゴミ拾いとはなんだったのか」
「サッカーも花火もDQNが集まれば結果は同じ」

近年はタバコのポイ捨てに罰金が課せられたり、業者の不法投棄に関する監視の目が厳しくなるなど、我が国においては、官民一体となった美化に関する取り組みが行われている。しかし、その一方で、こうした大規模な催事の後のゴミ問題に関しては、まだまだ規制がゆるいというのが実情だ。

2019年の東京五輪開催まで、残すところ約5年。今後はこうした部分についても、我々日本人に対して、世界各国からの目が注がれることだろう。

文・久保田太陽

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP