ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スカパラ全国ツアーファイナル開催、21年振りASA-CHANG降臨

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年デビュー25周年となる東京スカパラダイスオーケストラの全国ツアー「25th Anniversary Hall Tour 2014 “SKA ME CRAZY”」のファイナル公演が7月26日福島県いわき市・いわき芸術文化交流館アリオスで開催された。

定刻を少し過ぎた頃、まだ客電が落ちていないにも関わらず、スカパラメンバーがひとりづつステージに登場し各自の定位置にスタンバイする。

最後にシルクハットに燕尾服を纏ったGAMO(Tenor sax)が颯爽とステージに登場。指揮棒を持ち、マエストロと化したGAMOがステージセンターの指揮台に立つと、サウンドチェックを兼ねるかのように茂木欣一(Drums)から順番にGAMOの指揮のもとユーモアーを交えながら音を出していく。全員が順番に音を出し終えたところで、オープニングナンバーとして、25年前に発売されたスカパラデビュー盤に収録されている「ホリデイ」が奏でられる。そして、「ホリデイ」の演奏終了後、突如客電が落ち、懐かしのナンバーも含んだメドレーへと突入。

メドレーで場内を十分あたためたあと、「ルパン三世’78」や「スキャラバン」など強烈なナンバーを惜しみなく披露し、ライブ序盤からオーディエンスを一気に最高のヴォルテージへと誘っていく。

最初のMCで谷中敦(Baritone sax)が「スカパラ25周年です。無我夢中でやってきた25年。ずっとお客さんをシアワセにするってこと、シアワセを共有するってことをやってきた25年だと想います。そんなパラダイスへようこそ!人生っていうのは妙なもんで、ボクがバリトンサックスをはじめたのは、いわき出身のある人が“バリトンサックスが似合う”と言ってくれたおかげでした。それが26年前。そんな人を輩出してくれた、いわきに感謝。今日は想いっきり盛り上がってくれよ!闘うように楽しんでくれよ!」と、ツアーファイナルの地となったいわきへの感謝の想いと、熱い言葉をオーディエンスへ投げかけ、白熱したステージが展開されていく。

そして、ライブ中盤、会場をラジオのサテライトスタジオに見立てて茂木欣一がトークを繰り広げるコーナーにおいて事件が起こった。ステージ後方のスクリーンにメンバーの顔がルーレットのように次々と登場し、最後に止まった顔のメンバーが毎公演日替わりで茂木欣一とトークをするのだが、この日のルーレットが止まったときに出現したのがスカパラの創始者でありバンドマスターでもあったASA-CHANGのアーティスト写真だ。

会場中がどよめくなかステージ下手からASA-CHANGが登場。ASA-CHANGがスカパラと同じステージに立つのは実に21年振りの出来事だ。

スカパラメンバー9名とASA-CHANGがステージ前方で横一列に並びながらトークを繰り広げるなか、谷中敦は「ASA-CHANGにバリトンサックスが似合いそうだと言われてバリトンを買ってスカパラに入った」と言えば、北原雅彦(Trombone)は「北原さんはドレッドが似合いそうだからドレッドにしたほうがいいとASA-CHANGに言われてドレッドにした」言い、谷中敦は「北原さんとオレはASA-CHANGに言われたことを25年間ずっとやってきた!」と力強く言う。ステージ上では、ASA-CHANGについてのトークが繰り広げられ、スカパラの創始者であること、もともと小泉今日子さんのヘアメイク担当だったこと、スカパラのロゴを作ったこと、などなど想い出話に花を咲かせる。

茂木欣一が「ASA-CHANG、演りましょうよ!」と言うと、「21年振りかぁ。あぁ、緊張する」と21年振りのスカパラのステージに緊張感を漂わせるASA-CHANG。そして、「東京スカパラダイスオーケストラ、オリジナルのリズム、スカとマンボでスカンボ~」のASA-CHANGの掛け声を合図に1989年にスカパラが初めて世に放ったアルバム作品である

通称“黄色いアナログ”に収録されている「スカンボ」が披露される。スカパラメンバーは怪しげでいなたいムードを漂わせながら演奏し、ASA-CHANGは小気味良くギロを奏でる。NARGOのトランペットソロのときにはASA-CHANGが「東京スカパラダイスオーケストラ!」とシャウトし煽っていく。

「スカンボ」に続いて披露されたのは1990年のメジャーデビューアルバム「スカパラ登場」に収録されている「ウーハンの女」だ。ステージ上に圧倒的な存在感を漂わせるASA-CHANG、そして、そのASA-CHANGとの21年振りの共演を心から楽しんで演奏しているスカパラメンバー9人。

「ウーハンの女」の演奏が終わる直前に再度「東京スカパラダイスオーケストラ!」とシャウトしたASA-CHANGをスカパラメンバーとオーディエンスが万感の想いを込めた拍手で送りだす。

ふたたびスカパラメンバー9人のステージとなり、「DOWN BEAT STOMP」や「ペドラーズ2014」でオーディエンスを熱く踊らせたかと想えば、「水琴窟」では沖祐市(keyboards)の美しいピアノの音色がオーディエンスをやさしく包み込んでいく。

谷中敦が「全員両手を挙げろ!そのまま手を左右におろして全員肩を組め!」とシャウトしたあと「All Good Ska is One」が披露される。場内のオーディエンスの全員が肩を組み笑顔で左右に揺れている光景は圧巻だ。

そして、本編ラストを飾るのは、スカパラ25周年を象徴するようなナンバー「歓喜の歌」だ。ご存じベートーベン作曲の交響曲第九番、いわゆる「第九」だ。オープニング同様、燕尾服を纏い指揮棒を持ったGAMOがマエストロとして、スカパラメンバーとオーディエンスを自在に操りスカパラ流にカヴァーされた「歓喜の歌」が奏でられる。

そして、GAMOが「今日はこの曲をみんなで大合唱したい!ステージでいっしょに歌いたい人はいるか!?」と言うと、会場のほぼ全員のオーディエンスが手を挙げている。選ばれた約30人ほどのオーディエンスが、スカパラメンバーの真後ろに整列すると、GAMOが「この人がいなかったら今のスカパラはなかった!ASA-CHANG!」と、ふたたびステージにASA-CHANGを呼び込む。GAMOとASA-CHANGのふたりがマエストロとなり、祝祭感満載に「歓喜の歌」が演奏され、ステージ上からも会場中のオーディエンスからも大合唱が沸き起こった。最後は指揮台からASA-CHANGが大ジャンプを披露して「歓喜の歌」を締めくくった。

アンコールのメンバー紹介ではひとりひとりがツアーファイナルを迎えての想いや25年間の感謝の想い、そして、21年振りにASA-CHANGと共演した想いをオーディエンスに伝えていく。

最後に谷中敦が再びASA-CHANGをステージに呼び込み、この日のラストナンバー「SKA ME CRAZY」を披露。ステージ上のスカパラメンバーもASA-CHANG も、そして、客席のオーディエンスもみんな笑顔で踊りまくっている。

ASA-CHANGはスカパラにいたときからずっと使ってきたというマラカスを客席に投込むサービスも。最後は、スカパラメンバーに導かれたASA-CHANGが遠慮しながらも本編のラスト同様に「SKA ME CRAZY」を締め、スカパラ25周年記念ツアーファイナルの最高の一日の幕が下ろされた。

鳴り止まない拍手のなかステージ袖ではスカパラメンバーとASA-CHANGの10名による記念撮影が最高の笑顔で行われていた。

東京スカパラダイスオーケストラ
25th Anniversary Hall Tour 2014
“SKA ME CRAZY”FINAL
7月26日(土)いわき芸術文化交流館アリオス
SET LIST

OP ホリデイ
01. メドレー
 The Last Bandolero
 ストレンジバード
 ホールインワン
 Call From Rio
 TIN TIN DEO
 SOUL GROWL
 Just a little bit of Your Soul
 Skaholic Generation
 5days of TEQUILA
02. You don’t Know (what ska is)
03. ルパン三世’78
04. スキャラバン
05. Come On!
06. 24 hours to SKA
07. 銀河と迷路
08. 流れゆく世界の中で
09. After the Rain
10. スカンボ w/ASA-CHANG
11. ウーハンの女 w/ASA-CHANG
12. STORM RIDER
13. DOWN BEAT STOMP
14. ペドラーズ2014
15. 水琴窟
16. White Light
17. All Good Ska is One
18. 歓喜の歌
Encore
01. 君と僕
02. SKA ME CRAZY

関連リンク

東京スカパラダイスオーケストラ Official Sitehttp://tokyoska.net
スカパラ・オフィシャルYoutubeチャンネルhttp://www.youtube.com/tokyoskanet

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP