ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

都庁OBの天下り 監視の目緩く報酬もキャリア官僚と遜色ない

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京都など地方役人の「天下り天国」の実態はこれまでほとんど報じられていない。国政と比較して監視の目が緩いだけに、やりたい放題ぶりは霞が関の高級官僚以上といっていい。そして彼らが天下りする外郭団体の役員報酬もキャリア官僚と比べて遜色はない。

 たとえば、五輪利権に沸く東京臨海ホールディングスは約1402万円(平均額、以下同)。同社傘下のゆりかもめ(社長は元交通局次長)、東京ビッグサイト(常務は元総務局理事)などの天下り役員の年収も軒並み1200万~1300万円台だから、臨海部開発で累積赤字がどれだけ出ても、天下り役人はしっかり高給を貪っていることがわかる。

 かつて都庁では、再就職で保証される年収の水準について「退職時ポストが局長級なら1000万円、部長級なら800万円」(OB)といわれていた。

 だが、五輪で卓球会場となる東京体育館を運営する東京都スポーツ文化事業団(社長が元生活文化局長)の役員報酬は約1270万円など、局長級が1200万~1300万円台と明らかにインフレを起こしている。

 複数の天下り先を回る「渡り鳥」もいる。首都高速道路株式会社の菅原秀夫・社長は都の主税局長から副知事を務め、副知事退任後の「指定席」である日本自動車ターミナル社長を経て、2012年に現職に就任した。都が大株主である首都高は役員報酬1600万円と都庁OBにとって最高クラスの天下り先だ。

 その首都高とやはり都が大株主の超優良企業・東京地下鉄株式会社(東京メトロ、役員報酬約1870万円)には、グループ会社や出入り業者など多くの都庁天下り企業がぶら下がる。両社が五輪に向けたインフラ整備に巨額の事業費をつぎ込むほど、OBの再就職先が増える構造だ。

※週刊ポスト2014年8月8日号

【関連記事】
都庁OB 東京五輪事業拡大でさらなる天下り枠の増加に期待も
高報酬役員 美人の呼び声高いトヨタ社長、ダイキン会長の妻
東京都の天下り問題は国より深刻 行き先は外郭団体が過半数

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP