ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金田正一氏 長嶋茂雄氏に初めて敬語使われた時の思い出語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今では巨人の「V9」を築いたとして語られる川上哲治監督だが、就任した1961年こそ6年ぶりの日本一を達成したものの、翌年は球団初のBクラス(4位)に転落。1968年に優勝するが、1964年は3位に終わった。1950年代の黄金期との落差を埋めるべく、国鉄スワローズの大エースだった“カネやん”こと金田正一氏(80)が巨人に移籍した。優勝請負人として巨人に乗り込んだが、巨人では驚くことばかりだったと金田氏が当時の思い出を語る。

 * * *
 後輩ではあるが、ワシはON(王貞治・長嶋茂雄)をライバルと認め、全力で対戦していた。実は国鉄時代、ワシはОNに一度もぶつけたことはない。当時は危険球による退場なんてルールもなく、好打者には死球覚悟で内角を突くのが常識だったが、ワシはОNとは常に真っ向勝負していたからね。そのためかなり打たれてしまったが(※注)、打たせてやったようなものだ。

※注:対金田の通算成績は、長嶋は.313、18本塁打、王は.283、13本塁打。

 だがいざ同じチームになって最初のキャンプに参加した時、長嶋の体があまりにも硬くて驚いた。当時あいつは20代後半だったが、このままだとコイツの野球人生は終わるだろうと思ったほどだ。それくらい柔軟性がなく、体からにじみ出てくる活気というものがなかった。

 ワシは汗をびっしょりかくくらい準備運動をやり、アクロバティックな体勢で柔軟体操もやる。シゲはそれを見て、「カネさん、それは生まれつきなんでしょ」なんていうから笑ったよ。

 だからワシは「シゲ、お前は何年かけて体をそこまで硬くしたんだ、ワシは赤ん坊の頃から体の手入れをして柔軟さを維持してきた」といってやった。すると長嶋は、「やればできるんですか?」といってきたんだ。この言葉は今でも忘れられないねェ。長嶋が初めてワシに使った敬語だったしな(笑い)。

 長嶋がすごいのは何事もやり始めたら半端じゃないこと。とにかく一生懸命やる。その勢いは凄まじかったよ。ワシも、鍛えるだけじゃダメだ、鍛えたあとに10倍体のケアをしなけりゃいかん、と教えてやった。

 ワシは当時から専属のトレーナーを連れていたが、長嶋はこれも取り入れようとして、「マッサージ貸してください」といってきて連れて行った。そのトレーナーは二度と戻ってこなかった。

 こうして長嶋はこの年のキャンプ中に、体を完全に作り直した。あの「やればできるんですか?」がV9の始まりじゃった。

※週刊ポスト2014年8月8日号

【関連記事】
長嶋デビュー戦4三振奪った金田 後に怖い存在になると確信
金田正一 「巨人V9の発端はワシの移籍。異論はないだろう」
「長嶋はデビュー時、正しくはワシに5連続三振」と金田正一

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。