ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

座るだけで腰痛とサヨナラ! 骨盤ケアグッズ「バックジョイ」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫
座るだけで腰痛とサヨナラ! 骨盤ケアグッズ「バックジョイ」とは?

デスクワーク中心の人にとって、腰痛は切り離せない悩みの種。姿勢よく座ることが大事だとわかっていても、気付くと猫背になったり、足を組んだりしてしまいがちに……。

筋力に自信がない人でも、長時間正しい姿勢を自然にキープできるというグッズが「Backjoy(バックジョイ)」だ。今回は、腰痛に悩む筆者自身がオンラインストアのお試しレンタルサービス(540円)を使って、2週間実際に使用してみた。

バックジョイには、材質の違う「リリーフ」「ポスチャープラス」という2つの種類がある。さらに、体重60キログラムを目安として、それぞれにミニをラインナップ。長時間座り仕事をしている筆者は、通気性のよい「リリーフ ミニ」を選択した。

横から見ると、独特の丸いフォルムをしている。国際特許を取得したというこの形状によって、「てこの原理」を利用するのだ。脚の重みで骨盤が自然に立ち上がり、キープしてくれるという優れもの。

まずはそのまま座って姿勢をチェック。肩と背中が前に出て猫背になり、椅子の背もたれにべったりとくっついているのがわかる。

そして、こちらがバックジョイを使用して座った状態だ。いかがだろう。背もたれとの間に隙間が生まれている。特に意識していなくても、骨盤が正しい位置にくるので背筋が伸びてくれる感覚がある。

並べて比較するとその差は歴然だ。背骨が本来の形になり、ポッコリしていた下腹部が引っ込むのも女性にとってはうれしいポイント。

職場で試してみたところ、いつもと同じデスクの天板が遠いことに驚いた。背骨が伸びて肩の位置が上がった分は、椅子の高さで調整するとよいだろう。正しい姿勢で座っていられるためか、腰痛だけでなく肩凝りも普段より軽減されているような気がした。

しかし、長時間座りっぱなしのときは、何度か椅子をかなり前へ移動してしまい、背筋が丸くなっていることも……。キャスター付きの椅子を使用している人は要注意かもしれない。

姿勢をキープするコツは、バックジョイに深く腰掛けること。丸みに合わせて座ることで、効果が十分に発揮されるようだ。腰痛に悩まされている人は、まずはレンタルして試してみては?

(中道薫/ノオト)

●CHINTAI記事関連リンク
低水圧に悩む人は必見! シャワーヘッドを交換してみた
ぐっすり眠りたい人必見! 1万円台でオーダーメイド枕が作れる?
ひび割れかかとがツルツルに!「ベビーフット」を試してみた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。