ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アニメ海賊版サイトに国が大規模駆除作戦実施 被害は中国からだけで約5600億

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アニメや漫画をインターネット上に違法公開している『海賊版サイト』といわれるものの大規模駆除作戦を国が来月から実施すると、NHKなどが7月28日報じている。

 インターネットでは、アニメ、漫画に限らず映画、ドラマ、バラエティ、舞台などとにかくありとあらゆるものが公開、もしくはDVDやブルーレイ、雑誌として発売直後に違法公開されるケースが増えている。さらにはそれらのリンクをまとめた宣伝用の『まとめサイト』のようなものまで存在するなど、被害は拡大の一途をたどっている。

【関連:ワンピースのベトナム語版海賊ゲームが堂々としすぎ】

 報道によると、中国を中心に違法サイトが存在し、中国の違法サイトによるものだけでもこの1年、約5,600億円の被害を受けているという。
来月から実施される駆除作戦では、国内アニメ関連会社など15社の協力を得て、把握する海外の違法サイトに対し一斉に削除要請を実施。さらには、数百円程度支払えば新作含む250作品が観られるサイトの誘導サイトもオープンし、海外ファンが合法に視聴できる環境も整えていくと伝えている。

※記述に一部誤りがありました。訂正して再送します。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP