ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

きゃりー 国内凱旋ツアーをスタート、コンセプトは「ポジティブな死後の世界」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

きゃりーぱみゅぱみゅが7月27日、埼玉・戸田市文化会館を皮切りにホールツアー「きゃりーぱみゅぱみゅ雲の上のHEVEN’S DOOR」(15都市17公演約3万5千人動員)とアリーナツアー(5都市9公演約9万人動員)をスタートさせた。自身としては最大の20都市26公演12万人の動員を予定している。

ワールドツアーを終えたばかりの国内凱旋ツアーともなる今回のライブコンセプトは“死後の世界”。ライブ本編はきゃりーが死ぬという意外な展開からスタートする。ステージセットはデビュー前から親交が深い増田セバスチャン、ステージ衣装は飯嶋久美子が担当し、天国の入り口をイメージしたセットと天使のような真っ白な衣装で登場しとても幻想的なオープニングとなった。

途中のMCでは、「正直ワールドツアー終わりでバタバタしましたが、天国をモチーフに誰もみたことがない世界を一生懸命がんばって作りましたのでみんなを満足させる自身があります!」と残り17公演の意気込みも語った。

きゃりーらしい斬新な表現で天国とも地獄とも言えないポジティブな死後の世界が繰り広げられたひとときとなった。

なお、アリーナツアーのチケット一般発売は8月23日、マリンメッセ福岡の公演のみ9月6日より販売開始となる。

Photo by 三吉ツカサ

関連リンク

■きゃりーぱみゅぱみゅ Official Site:http://kyary.asobisystem.com/
■きゃりーオフィシャルブログ「きゃりーぱみゅぱみゅのウェイウェイブログ」by Amebahttp://ameblo.jp/kyarypamyupamyu/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP