ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【誰にも教えたくない日本の隠れ家】絶品ヒレカルビをすき焼き風で食べる焼肉『大幸園』! シメは肉汁入り卵かけご飯

DATE:
  • ガジェット通信を≫

畑のわきの焼肉屋、住宅街のY字路に佇むその店は、知る人ぞ知る至極の楽園だった。

牛肉が上質なだけでは無い。

最適な温度と厚みで出される牛肉は、最適なタレにより完成形となる。

東京都八王子市小宮町にある『大幸園』。その店名の如く、焼肉を一口食べる度に大きな幸せがやってくる。

他店では出せない味が、畑のわきの焼肉屋にあるのだ。

店内に入って見渡すと、そこは街の定食屋のような内装。

アニメスタジオが近い事もあり、ジブリやガイナックスのスタッフが多く訪れるのか、トトロやネルフのシールが多数貼られていた。

この店にやってきたら、必ず食べておきたい肉と料理がある。

ヒレカルビ、牛ロース類、牛タン類、ユッケジャンスープ、生卵だ。

ミディアムレアでも、ミディアムでも、ウェルダンでも、自分が一番好きな焼き加減に肉に火を通す。

そのままタレだけで食べるのもいいが、生卵に浸してから食べる。

その瞬間、肉汁とタレと卵黄のコクが極楽をもたらす。

特にヒレカルビのカットに注目したい。

注文を受けてからカットされるヒレカルビは、弾力と厚みによって肉汁の放出量が最適化されたものであり、この店でしか体験できない魅惑のフレイバー。

もし可能ならば、希少価値のある本ヒレのジューシーさも体験しておきたい。

スパイスと材料の美味しさを重視したユッケジャンスープも体験しておきたい。

このスパイスが、この野菜が、この出汁が、こんなにも潜在的な味を秘めていたのかと驚きを隠せない。

すーっと入ってくるスパイスの辛さがしつこくなく、後味すっきりで素晴らしい。

肉に添えて食べる味ネギのジューシーな苦味もたまらない。

豚足好きによると、『大幸園』の豚足はかなりレベルが高いらしく、しっかりと美味しさが凝縮されているという。

豚足にかぶりついて出る言葉は「うまい」しかない。

残った生卵はご飯にかけて、卵かけご飯として頂く。

極楽とも言える肉の美味しさを体験した後、卵かけご飯のコクとまろやかさを味わう。

肉汁とタレの美味しさが溶け込んだ生卵、美味しくないはずがない。

これ以上の幸せがあるだろうか? 否。

大幸園
東京都八王子市小宮町863-3
17:30〜23:00 日祝17:00〜22:30
水曜日定休
JR小宮駅から徒歩5~6分
JR日野駅からタクシーで1000~1500円
※来店時は予約を強く推奨する

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP