ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お手本はパリジェンヌ! 本当のナチュラルビューティは最高におしゃれ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ばっちりメイクに最新ファッションでおしゃれを楽しむ日本人の女の子。一方パリジェンヌたちは、普段はほぼスッピンのようなメイクに、服装はカジュアルが基本。

それでもなぜか彼女たちがおしゃれに見えてしまうのは、自分らしい魅力を引き出すのがとっても上手だからなのです。

それに彼女たちは、「ありのままで美しいこと」こそが、本当の美人の条件であると考えています。

私たち日本人から見ても、ナチュラルで美しい人って憧れますよね! そんな「ナチュラルビューティ」に近づくための、パリジェンヌ流のメイクやファッションのポイントをご紹介します。

メイクはとにかく引き算で

パリジェンヌは、メイクをしても、アイラインを引くだけだったりルージュを塗るだけだったりと、ワンポイントで済ませることがほとんど。

パーティなど特別な日以外は、アイシャドウやファンデーションをつかうことはめったにありません。

それを見習って、素肌がキレイならあえてファンデーションは塗らない、目が大きいならアイライナーは引かないなど、まずは自信があるパーツからメイクを引き算してみましょう。そうすることで、自分のチャームポイントがより引き立ってくれますよ。

メイクよりも肌、髪、唇のケアは念入りに!

メイクをすることよりも、スキンケアにこだわるのがパリジェンヌ。肌をしっかりケアしているからこそ、メイクに頼らない美肌をキープできるのです。

もちろん、髪や唇のケアにも手を抜きません! とくにキスが挨拶の彼女たちにとって、唇は最も気をつかうパーツ。常に保湿をして、柔らかでセクシーな唇をつくっています。

これからは派手なメイクで欠点を隠すよりも、パリジェンヌのように素の自分を磨いて自信をつけたい!

服装はお気に入りの小物を1点投入

デニムにスニーカーなど、パリジェンヌの服装はいたってカジュアル。それに『ZARA』や『TOPSHOP』といったファストファッションも大好きです。

でも不思議と洗練されて見える秘密は、彼女たちの小物づかいにあるよう。黒ベースのコーディネートにストールで差し色を加えたり、アクセサリーはさりげなくアンティークで統一したり…、シンプルなスタイルにお気に入りのアイテムを加えて、自分らしい味つけをしています。

トレンドで自分をつくり込むのではなく、自分らしさを大事にしたメイクやファッションを心がけることが、パリジェンヌのような「ナチュラルビューティ」に近づくための一歩です!

View on Eiffel Tower image via Shutterstock

■ あわせて読みたい
女の子らしさって何? 少女が教えてくれた女性らしく生きること
アップしがちな「足元写メ」。謎の自己主張に男性はうんざり…
憧れの週末シンガポール。眠らない街に大興奮!
焼いたらほめられた♡ おいしくてビックリな食材3つ
デジタルなかわいさ炸裂♡ あの懐かしいアイテムが再熱中
穀物なのにすごい! NASAも注目「キヌア」でモデル食を作ろう
社内ウケも忘れちゃいけない。夏のオフィスファッションは狙いどころ
急な来客でも慌てない、30秒でできるクイック身だしなみ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP