ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フジ月9『HERO』絶好調 『SMAP×SMAP』視聴率へも好影響

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7月14日から始まった「月9」ドラマ『HERO』(フジテレビ系・月曜21時~)が絶好調だ。初回26.5%と今年のドラマ最高視聴率を記録。それと連動するように、その後に続く22時30分~の『SMAP×SMAP』(同前。通称『スマスマ』)も17.9%(14日)と久々の高視聴率をマークした。テレビ局関係者が話す。

「最近の『スマスマ』の視聴率は11%前後。1ケタの回もたまにありますから、17.9%は万々歳でしょう。ただ、やはり“スマスマの視聴率は月9の数字次第”とあらためて認識させられました」

 いったい、どういうことなのだろうか。

「テレビの視聴率は、編成が大きくモノを言います。前番組の視聴率が高ければ、後番組も自然と上がる。ですから、前後の連動性が大切なのです。たとえば、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)の終了直前、『ごきげんよう』(同前)の数字も一緒に上がりました。いいとも最終回は16.3%で、『ごきげんよう』が8.5%でした。しかし、『バイキング』(同前)がスタートし、低視聴率に悩むと、『ごきげんよう』も同じく低迷。たとえば、『バイキング』の視聴率が過去最低の1.8%となった5月27日は、『ごきげんよう』も2.5%と苦しみました。

 この例のように、『HERO』の高視聴率が『スマスマ』の視聴率にも好影響を与えるのは、ある意味自然なことなのです。もちろん、番組にコンテンツ力がないと17.9%は取れません。昨年『半沢直樹』(TBS系)の後に続いた番組が1ケタまで落ち込んでいたことを考えれば、『スマスマ』自体には間違いなく力がある。とはいえ、『HERO』なしに、ここまで上がることもないと言えます。

 もともと、『スマスマ』の成功は月9なしには語れません。番組開始の1996年4月、月9は木村拓哉主演の『ロングバケーション』(フジテレビ系)でした。平均視聴率は29.6%、最終回には36.7%を叩き出したこのドラマのおかげで、『スマスマ』は軌道に乗れたのです。その後も、月9ドラマが好調の間はスマスマの数字も好調をキープできました」(同前)

 だが、2009年頃から『SMAP×SMAP』の終了説が度々、囁かれるようになった。これは月9ドラマが不振に陥った時期と一致するのだという。

「中居正広主演の『婚カツ!』(2009年4~6月期)は1ケタを記録した回もあり、この頃から月9はかつてのブランド力が急速に衰えていきます。同時に、スマスマの視聴率も下がり始めた。ある意味、当然といえば当然のことです。逆に言えば、それまでが良過ぎたとも言えます」(同前)

 今年4~6月期の月9ドラマ『極楽がんぼ』は第10話(6月16日)で月9史上最低の7.8%を記録した。この日、『SMAP×SMAP』の視聴率は10.1%。あと一歩で1ケタに落ちてしまうところだった。

「木村拓哉主演の『HERO』の高視聴率は月9だけでなく、『スマスマ』まで救った。このように、ヒット番組が1つ出てくると、周辺の番組も活気づきます。フジテレビとしては、この流れが局全体に波及してほしいと願っていることでしょう。そういう意味では、27時間テレビの司会をSMAPに任せたことで、良い流れができつつあると言えるのではないでしょうか」

 1つのヒットドラマが局全体に力を与える。『HERO』をきっかけに、フジが甦るか。

【関連記事】
ジャニーズ六本木騒動 24歳の被害女性が真相を週刊誌に告白
「HERO」第2話視聴率急落の理由を分析 3話で起死回生なるか
チェッカーズのサイドボーカル 鶴久と高杢が共演しない理由

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP