ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

投手ローテは中4日100球か中6日140球か 日米で見解真っ二つに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ニューヨーク・ヤンキースの田中将大が故障者リスト入りしたが、田中の故障を、日本での投げすぎに求める声が米国では根強い。PAP(pitcher abuse point ※詳細は後述)という米国の野球専門のシンクタンク「Baseball Prospectus」が考案した指標、いわば「投手酷使指数」でみると、今季の田中はまったく問題ない数字でありながら楽天に所属していた昨季の数字は平均的なMLBの投手の5年分に相当しているのだ。

 この論調に真っ向から異を唱えたメジャーリーガーがいる。ダルビッシュ有(レンジャーズ)だ。球宴前の記者会見で田中の故障に関して、
 
「球数は関係ない。140球を投げても、中5~6日あれば肘の炎症は回復する。故障の原因は主に、米国球界の登板間隔にある。(中4日は)絶対に短すぎる」
 
 と持論を展開したのだ。この発言はPAP、すなわち球数にこだわる米球界の常識に一石を投じた。
 
 PAPでは、先発投手が1試合で投げた球数から100を引き、その数を3乗した数を算出(例えば110球なら、10の3乗で1000ポイント、140球なら40の3乗で6万4000ポイント)する。これを毎試合累計して、シーズン通算で10万ポイントを超えると故障の可能性が高まり、20万以上で「いつ故障してもおかしくない水準」と見なされる。
 
 確かにPAPでは説明のつかない要素も多い。例えば100球を超えない登板のポイントがゼロになること。極端にいえば、100球以内の球数なら何連投しても、故障のリスクはないことになってしまう。
 
 ポイントの多寡と故障の確率も必ずしも一致しているわけではない。プロ野球のデータに詳しいライターの広尾晃氏も、「一定の基準にはなるが、個人差が大きいため判断が難しい指標」と語る。
 
「日本のかつての大投手の記録を掘り返すと、阪神のエース・江夏豊は、401三振を奪った1968年シーズンの数値が201万1647に達しています。理屈通りならその後数年で壊れていなければおかしいのですが、周知の通り江夏は頑丈な投手で、先発から抑え時代も含めた実働18年間、大きなケガもなく、ほぼ毎年50試合近くに登板しました」(広尾氏)

 一方でPAPによる管理を徹底しているはずのMLBで、肘の腱の再建手術である「トミー・ジョン手術」を受ける選手が急増している現状がある。しかも長年の勤続疲労のあるベテランではなく、若手で手術に踏み切る選手があとを絶たないのだ。
 
 昨季のオールスターで先発したマット・ハービー(メッツ・25)をはじめ、昨季ナ・リーグ新人王のホセ・フェルナンデス(マーリンズ・21)、さらには昨季12勝を挙げ、今季の開幕投手に指名されていたジャロッド・パーカー(アスレチックス・25)は2度目の手術を決断するなど、今季だけで20人近くの投手が手術を受ける異常事態(昨季は23人)。このペースでいけば、数年のうちにMLBに在籍する全投手の3分の1近くが手術経験者になる可能性があるといわれている。
 
 中6日の日本球界でトミー・ジョン手術を受ける投手は少ない。今年でいえば、釜田佳直(楽天)、森内壽春(日本ハム)、ブライアン・ウルフ(ソフトバンク)の3人。この違いは、肘の故障の原因がMLBの中4日システムにあることを疑わせる。
 
 悪いのは「中4日、100球」か、「中6日、140球」か──。この論争は日米で見解が真っ二つに分かれている。
 
 スポーツ医学の面でも明確な答えは出ていない。日本整形外科学会認定スポーツ医で京都警察病院の古川泰三診療部長が語る。
 
「野球による肘の痛みは投げすぎが最大の原因であることは間違いありません。未熟なフォームで投げすぎることで、幼少時は軟骨障害、成人してからは靱帯損傷を起こしやすくなる。
 
 ただ、中4日の100球と、中6日の140球のどちらが肘にいいかは一概にはいえません。もちろん個人差があるし、投手の感覚的にも違いがあります。医学的にも、両者にはっきりとした違いはありません」

※週刊ポスト2014年8月8日号

【関連記事】
昨季の田中将大 投手酷使指数ではMLB先発投手の5年分に相当
マー君の故障 米では原因を日本での投げ過ぎに求める声強い
野菜食べぬ鉄人・衣笠 肉ばかり食べ「野菜は牛が食うとる」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP