ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ベネッセ、情報流出「謝罪外注」に批判 対応経験者の声は

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月22日、朝日新聞デジタルは、ベネッセホールディングスが、個人情報流出問題についての謝罪を外注していたことを報じた。派遣会社に委託していたという。

ネットでは、7月10日には、派遣会社から「謝り隊」の募集がきたという報告が投稿されていた。「時給1000円で9時から21時勤務」だったというこのネットユーザーによると、勤務期間は11日から2週間。情報流出という事件を起こしたのも、そしてその事件について謝罪するのも外部の人間ということには、疑問を感じる声も多い。

ところで企業が大規模な不祥事を起こした場合、謝罪対応はどのようにおこなうものなのか。かつてそうした不祥事の謝罪対応を経験したことがある会社員・Tさんは、こう語る。

「トップ層の判断にはなりますが、私が対応したときも、途中から派遣会社にお願いしたことがあります。謝罪対応窓口を設けるにあたり、まず専用スペースに謝罪を受けるための電話回線を大量に確保し、最初は社員が交代で対応していました。

派遣会社にお願いすることになった理由は、社員たちは通常業務に加えて仕事がイレギュラーに激増しており、疲弊してきたためと聞いています。誰でもいいというよりは、オペレーターなど、話すことが専門の人を中心に集めていたようです。

ただ、数日でやはり社員対応に戻しました。というのも、やはり“誠意がないのでは”という意見が社内であがったためです。また、派遣委託にしたら、確かに話し方などは抜群なのですが、会社のことについての質問には答えられないものも出てきます。それがかえって反感を招いたという例もありました。今思えば、社員対応に戻して良かったと思います」

同社が9日に情報流出を発表してから20日が経過しようとしているが、運営するサイトの顧客情報や、会員になったことがない人の情報も流出していたと発表し、明らかになる被害は拡大するばかり。さらに原田社長が会見で、補償額について「過去の事例では、1人あたり500円の金券」としたことにも、“自社の場合はいくらか”と当事者として考えない姿勢に批判が集中している。

利用者の怒りは強くなるばかり。収束は見えないままだ。

【関連記事】
派遣社員への差別「避難訓練の日時さえ教えてもらえない」
“派遣の規制” 審議したのは現場の声代弁せぬ経営者や学者ら
労働者保護です! と政府言うも派遣法改正に女性派遣社員激怒

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP