ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Lenovo K920の正式発表を目前にしてフルスペックが流出

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Lenovoの新フラッグシップスマートフォン「Lenovo K920(Vibe Z2 Pro)」は中国で8月5日に発表を迎える予定なのですが、それを前にフルスペックを記載したスライド資料がWeiboで流出しました。K920は6インチWQHDディスプレイを搭載したLenovo最上位のKシリーズの新モデルになります。ここ2,3年のKシリーズはメタル素材を多用した高級そうなボディとIntelベースの内部仕様が大きな特徴で、今回のK920はデザイン面ではこれまでの流れを受け継いでいるものの、内部仕様はARMベースに変わっています。流出した資料によると、K920はJDI製の6インチ2,560×1,440ピクセルの液晶ディスプレイ(画素密度491ppi、輝度最大630nits)、Snapdragon 801 MSM8974AC 2.5GHzクアッドコアプロセッサ、3GB RAM / 32GB ROM、背面に1,600万画素カメラ、前面に500万画素カメラ、4,000mAhバッテリーを搭載。K920では狭額縁デザインを採用しており、ディスプレイ左右のベゼル幅はわずか1.5mmと細く、83.5%と他社の狭額縁端末を凌ぐディスプレイ占有率を実現しています。また、厚さは7.7mmとかなりスリムです。このほか、GSM/WCDMA/TD-SCDMA/TD-LTE/FDD-LTEの合計13バンドに対応しています。OSはAndroid 4.4でUIには「Vibe UI 2.0」を採用しています。

Source : 3G.cn


(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung Japan、Galaxy Tab Sの日本向けハンズオン動画を公開
Xperia Z2以降に搭載されている「POBox Plus」では日本の音声入力が利用可能(更新)
LGがタブレット・ノートPCとして利用できるコンパーチブルPC「LG Tab Book」のAndorid搭載モデルを発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。