ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ろくでなし子氏への出資者 「凄い作品作ってると感心した」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 漫画家で芸術家のろくでなし子氏(42)が「わいせつ電磁的記録頒布」で逮捕(その後釈放)された事件。ことの発端は、彼女が昨年6月に女性器をかたどったカヤック、その名も「マンボート」の制作資金をネットで募ったことにある。ネットを介して不特定多数の人から資金協力を求めるクラウド・ファンディングという仕組みを使い、7日間で100万円の調達に成功した。彼女はその際、一定額以上の出資者には「お礼」として女性器の3Dデータをプレゼントすると約束していた。
 
 彼女は支援者に対して、マンボート制作のプロセスをネットで公開してきた。大きく脚を開いて自身の女性器を3Dスキャンする様子を写した写真(ただし陰部は一切写していない)をブログにアップし、昨年10月には完成したカヤックの進水式を多摩川で敢行。支援者たちがその様子を見守った。その様子もブログで報告されている。
 
 彼女とイベントで知り合ったという北海道在住の男性出資者は、「すごい作品を作っているなと感心しました」と第一印象を語る。マンボート制作を聞きつけた際は「頑張ってほしいなと、カンパのつもりで出資しました」という。メールで送付されたという3Dデータについては「もらったのかどうか覚えていない。もちろん再現もしていない。そのデータが欲しくて支援したわけじゃありませんから」と話した。
 
 送付された3Dデータは数字や文字の羅列であり、それ自体が女性器を表現するものではなかった。複数の出資者に聞いたが、実際に3Dプリンターを使って再現した人はいなかった。

※週刊ポスト2014年8月8日号

【関連記事】
ろくでなし子氏は「わいせつの3要件満たしてない」と弁護士
ペニー・スリンガー氏他 女性器芸術の4大巨匠を袋とじ特集
ヨン様 いまでも会見に650人の日韓報道陣集める力

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP