ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GoogleとMotorolaが“Shamu”というコードネームの5.9インチNexusスマートフォンを開発しているという噂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GoogleとMotorolaが“Shamu”というコードネームのNexusスマートフォンを開発していると、海外のWEBサイト Android Policeが伝えました。同サイトは、情報元の身元や情報元から受け取ったとされる画像は公開していませんが、“Shamu”は5.9インチディスプレイを搭載した大型のスマートフォンで、筐体は片手持ちを考慮した設計で、指紋センサーも搭載しているそうです。また、米国内外のキャリアを通じて11月頃に発売される見通しとも伝えています。Android “L”正式版と同時に発表されるのかもしれません。“Shamu”は米国における「鯱(シャチ)」の愛称です。Nexusデバイスのコードネームには海洋生物の名前が多く採用されているので、Nexusデバイスの可能性もあります。これまでに発売された海洋生物の名前をコードネームに採用したNexusは、Galaxy Nexusの”maguro”と”toro”(マグロ)、Nexus 7 2012の“grouper”(ハタ)や“tilapia”(ティラピア)、Nexus 4の“mako”(アオザメ)、Nexus 5の“hammerhead”(シュモクザメ)、Nexus 10の“mantaray”(エイ)などがあります。同サイトで証拠物は公開されていませんでしたが、GoogleのIssueトラッカーに登録された「Issue 914」のログに。、「Build Number: aosp_shamu-userdebug L MASTER.M03400 1078 test-keys」と“Shamu“の名前が含まれていました。このコードネームの機種が存在することは事実のようです。Source : Android Police


(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia Z1の通話用スピーカーを活用してステレオ再生を実現する「True Real Stereo Sound Mod」が公開(動画あり)
Gogoleは世界の出来事をWikipediaを情報ソースにしてインタラクティブな年表にするナレッジグラフの新機能をテスト中
Xiaomi Mi4がイタリアで8月に発売される模様、予約受付が実施中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP