ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「性行為中の尿意」は病気のサイン?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

性行為の途中で急にトイレに行きたくなって困った…という経験のある女性は少なくないようです。これは、もしかして何か病気の前兆? それとも自然なことなのでしょうか? 産婦人科医の富坂美織先生に聞きました。

「これは、女性の体の構造と関係しています。膀胱は、子宮の前にある薄い袋状の臓器。膣と子宮はもちろんつながっているので、膣の入口に挿入されると当然膀胱は圧迫されます。そのため、容量よりも少ない尿が膀胱に入っている場合にも、圧迫を受けて尿意を催すことがあるんです」

ただ、少数ながら、何らかの病気が原因で尿意を感じやすくなっている場合もあるそう。

「原因と考えられる病気で多いのは子宮筋腫です。子宮に筋腫ができていると、その大きさによって膀胱が圧迫されることもあります。また、最近多い子宮内膜症が原因の可能性も考えられますね。子宮内膜症になると周囲の臓器との癒着が起こり、臓器が引っ張られることによって膀胱が圧迫されることがあるんです」(同)

また、頻繁に尿意を感じたり排尿の時に痛みを感じる場合には、膀胱炎の可能性が高いそう。膀胱炎は、性行為がきっかけとなって、肛門の周囲についていた大腸菌が尿道に入ってかかることもあり、女性がかかりやすい病気のひとつだとか。

「女性が膀胱炎にかかりやすい理由として、女性は肛門と尿道の入口が近いこと、また、男性と比べて尿道が短いことの2点が挙げられます。そのせいで、細菌が膀胱に入りやすいんです。これを防ぐためには、性行為の前にお互い清潔にすることが大切です」

一度膀胱炎などにかかると、それ以降、性行為の時に毎回尿意が気になってしまう人もいるそうです。性行為の前後には必ずシャワーをあびるなど、清潔に保つように心がけることが大切なのですね。
(相馬由子)
(R25編集部)

「性行為中の尿意」は病気のサイン?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
性交痛は病気のサイン?
「夜の営み」は朝がオススメ!?
妊娠中のセックスって大丈夫?
おしっこの我慢は膀胱炎のもと?
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。