ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

瀬戸内海を結ぶ地域イベント『瀬戸内しまのわ2014』とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

愛媛と広島を結ぶ瀬戸内しまなみ海道。たくさんの小さな島々が浮かぶ風光明媚(めいび)な瀬戸内海を駆け抜けるこの海道には、常設の自転車道がありサイクリングの中心地としても有名だ。

そんなしまなみ海道も含めた瀬戸内一帯で、『瀬戸内しまのわ2014』というイベントが3月21日~10月26日まで開催されているのをご存じだろうか。そこで今回は、瀬戸内しまなみ海道・国際サイクリング大会実行委員会今治現地本部の中西さんにお話を伺い、その内容に迫ってみた。

まず『瀬戸内しまのわ2014』とはどんなイベントなのだろうか?

「広島県・愛媛県の島しょ部及び臨海部の13市町を対象エリアとして、島々の魅力をPRするイベントです。県域や市町域を越えた広域で連携するさまざまな催し物を開催しています。瀬戸内に暮らす人々が自ら楽しみ、また瀬戸内を訪れる人々も一緒に楽しめるこのイベントを通じて、人々の和で島々の輪をつなぐことを目指しています」

なるほど“島”と“和”、そして“輪”をかけているのだ。では、各地域ではそれぞれどんなイベントが?

「瀬戸内には、美しい景観、おいしい海の幸、豊かな自然、歴史の積み重ねからなる多様な文化・伝統など、さまざまな魅力があります。その魅力を伝えるために、春は花&サイクリング、夏は海&クルージング、秋は食&アート・文化と、季節ごとにテーマを設けてさまざまなイベントを企画しています。地域の伝統行事や祭りなどと合わせると、300を超えるプログラムになりますね。また、最終日には、しまなみ海道に国内外から8000名のサイクリストを迎えて、日本最大級のサイクリング大会『サイクリングしまなみ』を開催します」

しまなみ海道は、その圧倒的な景観とスケールの大きさで、世界のサイクリストに認めてもらえる有数の場所だ。そこで開催される『サイクリングしまなみ』とはどんなものだろう?

「『サイクリングしまなみ』は、高速道路を規制して行う日本で唯一のサイクリング大会であり、普段は自動車しか走ることができない道路での開放感あふれるサイクリングをお楽しみいただけます。多島美(たとうび)をはじめとする自然景観、温暖な気候と豊かな自然に育まれたおいしい食べ物、島に暮らす人々の温かい心づかいなど、瀬戸内ならではのおもてなしをご堪能ください」

地元の人達と触れ合いながら、サイクリングをして、美味しいものを食べる……。じつに楽しそうだ。この夏休みは、瀬戸内に向かうべき!?

●取材協力
瀬戸内しまのわ2014
http://www.shimanowa2014.jp/
元記事URL http://suumo.jp/journal/2014/07/26/66553/

【住まいに関する関連記事】

一戸当たり最大40万円!広島県産木材の住宅助成枠拡大
夏涼しく、冬暖かい。芝屋根の住み心地は?
海と大鳥居、花火に水族館も! 世界遺産の島「宮島」を望む暮らし
市街地の空洞化を防止する『尾道空き家再生プロジェクト』って?
正義の味方だった!? 日本の海賊のアクティブなライフスタイル

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP