ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

全英OP勝利のR・マキロイ 女性問題でも「第2のタイガー」の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 全英オープンはローリー・マキロイ(25)が通算17アンダーで勝利し、メジャー3勝目を飾った。初日から首位を譲ることなく、完全優勝を達成したのは史上7人目。

 日本勢は松山英樹と小田孔明が39位に入るのが精一杯で、かつてマキロイ、そして2位に入ったリッキー・ファウラーとともに有望若手の「3R」と呼ばれた石川遼は予選落ちだった。

 マキロイは昨年1月、ナイキと10年間で総額222億円の総合契約を締結。かつての王者タイガー・ウッズと同じ大型契約で話題になった。その強さに加え、女性関係の賑やかさまでタイガーに似てきたと囁かれている。

 18歳のデビュー時には、幼なじみの彼女をコースに連れてくるなど初々しかった。だがその彼女と3年前に破局すると、すぐに女子プロテニスのキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク・24)と交際を始める。

「マスターズで行なわれるパー3コンテストのキャディに彼女を起用したり、彼女がコースに来ている時はスタート時間が迫ってもなかなか出て来ず、熱愛ぶりを見せつけていました」(ゴルフ誌記者)

 今年の1月には婚約を発表。結婚式の招待状も発送され、とうとう身を固めるかと思われた。しかし事態は急転、5月になって突然婚約を破棄する。

「原因はマキロイの浮気と報じられました。しかも最近になって新恋人との交際がスクープされた。お相手はアイルランド出身の巨乳モデル、ナディア・フォルド(25)。英雄色を好むのはタイガーと同じかと、記者の間で評判になっています」(同前)

 新恋人の存在が全英勝利を後押ししたのか。ゴルフジャーナリストの菅野徳雄氏はこう語る。

「強い選手ほど、女性の存在はバカにできない要素になります。海外で転戦する場合、特定の彼女がいた方が精神的にも安定しますからね。石川遼も婚約者とどうなっているんですかねェ……」

 ただしタイガーは、後に「セックス依存症」を患って妻と離婚し、成績も散々になってしまったが。

※週刊ポスト2014年8月8日

【関連記事】
離婚成立のT.ウッズ 後妻の第一候補は最初の愛人説出る
最新統計学を用い阪神タイガースの真の実力を分析考察した本
ウッズ離婚で19人の愛人のラブコール合戦がスタート

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP