ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金田正一 「巨人V9の発端はワシの移籍。異論はないだろう」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本は高度成長に沸いていたあの頃、巨人は本当に強かった。川上哲治監督の下、長嶋茂雄・王貞治(ON)という不世出のスター2人を中心に、球史に輝くV9は、400勝投手“カネやん”こと金田正一氏(80)が巨人に移籍した1965年から始まった。金田氏に、当時の思い出を語ってもらった。

 * * *
 V9の発端は金田の移籍。これに異論を唱える者はいないだろう。

 巷ではもっぱら、この移籍はワシが巨人に行きたかったから実現したといわれとる。確かにそれも事実だ。(ワシがその前に所属していた)国鉄(スワローズ)の試合はいつも閑古鳥が鳴いていたから、満員の客には憧れたし、ONをバックに投げてみたい夢があったからな。しかしそれ以上に、川上さんがワシを欲しがっていたというのが真相だ。

 1964年、ワシは球団の身売りが決まっていた国鉄に嫌気が差し、「10年選手制度」(※注)を使った移籍を考えていた。この制度では、移籍交渉は前シーズンの順位によるウェーバー方式で行なわれる。この年は阪神が優勝し、大洋、巨人、広島、国鉄、中日の順だったから、最初の交渉相手は中日だった。品川プリンスホテルでの交渉で、中日は移籍金1億円と、引退後の監督就任という破格の条件を出してきた。

 しかし今だからいうが、実はこの時点ですでに巨人との話はできていたんだ。川上さんが一番恐れていたのが、ワシが中日へ行くことだった。巨人キラーの金田(当時対巨人戦通算65勝)が生まれ故郷のチームであり、かつ親会社同士が苛烈な新聞販売競争をしている中日に入る。そうなれば星計算が少なくとも8勝分は違ってきて、巨人も川上さんもジ・エンドだったからね。

【※注】現在のFA制度の前身ともいえるもので、同一球団で10年以上在籍したA級選手には、残留してボーナスを得るか、自由に移籍する権利が与えられていた。3年後にはB級選手として移籍権が再取得できる。金田はB級選手の資格があった。

※週刊ポスト2014年8月8日号

【関連記事】
金田正一氏 阪神や中日から誘いが来たが国鉄へ入団した理由
巨人ナインが星野仙一に「頼むからウチには来ないで」
大卒初任給2万円時代に1日1万円以上食費に使った金田正一氏

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP