ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2億稼ぐトレーダー村田美夏さん「ありのままに生きられない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2億円稼いだ株トレーダー“ウルフ村田”こと、村田美夏さん(43)。「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京)や「深イイ話」(日テレ)などへのテレビ出演を機に、いま注目を集めるトレーダー・投資家・実業家だ。

 東大経済学部首席卒業、銀行勤務という才媛ながら、キャバ嬢に転身してNo.1を獲得、好物はわかめラーメン(100円)というキャラクターにも注目が集まっている。破天荒なアラフォーの本音に迫った。【後編/ウルフ村田のプライベートと今後】

 * * *
――酔っ払うとUSBメモリーを複数買って周囲に配ったり、パソコンのチャート画面を睨みながら下ネタを連発……など、見るものを圧倒する個性的な村田さん。ご自分では自分の個性をどう思っていますか。

村田:手と腕の組み方から、右脳・左脳の働きの傾向を判断する、ネットで話題になっていた診断テストでは、私は「うう脳」でした。見たものや物事を直感的にとらえ、感覚的に処理するタイプ。この診断の真偽や科学的根拠などはわかりませんが、私に関しては当たっています。

――そういえば、大ヒットしている映画『アナと雪の女王』の楽曲「レット・イット・ゴー」の歌詞が好きじゃないとか。

村田:テレビでそう言って、アナ雪ファンの友人に叱られちゃったんですが、私がありのままにしていると、自由奔放で、動物以下になってしまう。40歳を超えてだいぶ大人しくなったとは言われますが、私に関しては、ありのままでは駄目で、人間の型にはめこんで、ようやくこれなのです……。

――そうはいっても、村田さんからは充実したオーラが出ています。仕事の充実の証でしょうか。

村田:人に迷惑をかけない範囲で、できるだけ自由に生きるためにも、得意分野を突出させています。つまり私がこんなに変わっていても、受け入れてくださる方がいるのは、株のトレードで一定の結果を出しているからだと思うんですね。社会に受け入れられるには、「突出したもの」か「感謝されるもの」が必要だと思います。どんな分野でもいいと思うんです。むしろ、人が嫌がってやらない分野、レッド・オーシャンじゃなくて、ブルー・オーシャンのほうがいいかもしれません。

――そもそも村田さん、株で有名人になったきっかけは何だったのでしょう。

村田:2012年の12月から、毎日、どんな銘柄をどのくらい買って、いくら勝ったか、負けたかをクローズドのグループで公開していました。人に買った方がいいよとは決して勧めません。私はこうしていますと書くだけです。これは自慢するためでもなんでもなくて、自分だけ儲けてももったいないから。一方で失敗もあるから、それも教訓にしてくださいと。正直に書いているうちに、多くの人が読んでくれるようになっていました。

――“2億円”が村田さんの枕詞のようになっていますが、いまはどのくらい稼いでいるんですか。

村田:昨年はアベノミクスが絶好調で2億円利益でしたが、今年はまだ分かりません。去年より勝てれば嬉しいです。結構大きな金額損することもありますが、失敗を引きずると前に進めないから、失敗は潜在意識の下に押し込んで、普段は忘れるようにしています。ただ、自分自身、調子こいてるなというときに、失敗を潜在意識からひっぱり出してきて、意識的に鬱になったりしています(笑)。

 株は無理すると損するんです。いまは実業のポテンシャルが高いのでそちらに注力していて、株に執着しすぎずにやっていきたいと思っています。

――実業というのは、村田さんが投資されている会社のことでしょうか。株で稼いだお金は投資以外、何に使われているんですか。

村田:ほとんど投資ですね。今日着ている服は渋谷の109のバーゲンで買いました。自分にはあまりお金がかからないんです。日本は技術立国ですから、面白い技術、いい技術を大事にしたい。そこに投資して、その技術が新しい雇用を生み出したらこんなうれしいことはないですよね。今年の4月からエコアドバンスジャパンというベンチャー企業の販売事業部の部長に就いています。優秀な技術者の開発商品を販売するメーカーで、とてもやりがいを感じています。

――プライベートの展望はいかがでしょう。

村田:家族など守るものが多い人は、リスクを取りにくい場合もあると思うんです。私は独身で一人身なのでリスクを取る担当。役割分担ですね。ヤフーのCEO、マリッサ・メイヤーさんのように、結婚して子育てもして仕事も十分できる人もいます。私にはそういう能力は無いかなぁ。将来はわかりませんけどね(笑)。

 結婚や仕事に限らず、皆が同じじゃなくていいと思うんです。自分が得意なところで頑張って、苦手なところは人に助けてもらう。1ミリずらせば皆がナンバーワンになれる社会がいいなと思っています。

(取材・文/砂田明子)

【村田美夏/むらた・みか】
東京大学経済学部経済学科卒業後、日本長期信用銀行入行。2000年に独立し海外や日本のベンチャー企業支援を行う。2010年に株式会社サクセスワイズを設立し代表取締役就任


【関連記事】
東大卒2億稼ぐトレーダー村田美夏さん キャバ嬢経験も活かす
巨人・村田修一「気の毒なほど周囲に気遣い」とベテラン記者
蓮舫氏 政界転身のきっかけは「仙谷官房長官からの育毛剤」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP