ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【Interview】100万人突破!婚活マッチングサービス「pairs」が人気の理由

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
pairs1_1

Facebookを利用した日本最大級の婚活マッチングサービスとして、絶大な人気を誇る「pairs」。

会員数は、日本と台湾、併せて100万人を突破。まだまだ上昇の兆しを見せている。

アジア、特に日本で、幅広く受け入れられた理由は、どこにあるのだろうか?サービス提供元のエウレカ、代表取締役、赤坂 優氏に語っていただいた。

Q1、「pairs」の概要について、教えてください。

「pairs」は、Facebookを利用した恋愛・婚活マッチングサービスです。登録にはFacebookアカウントが必須で、交際ステイタスが「既婚」、または「交際中」の方、Facebookの友達が10人以下の方は会員になることはできません。

真面目にパートナーを探している方に安心、安全に使っていただくため、このような条件を設けさせていただいております。

登録完了後、お相手を探し、気になるお相手が見つかったら「いいね!」を送ります。向こうも「いいね!」を返すと、マッチングが成立します。

Q2、現在及び今後の展開について、お聞かせください。

現在は、日本と台湾の2カ国でサービスを展開していますが、台湾pairsのユーザーのうち3割は、香港、シンガポール、マレーシアの方たちです。

今後は、アジア市場への進出を加速させることで、アジアのカルチャーにあった新しいonline dating市場を作ります。

まずは、2016年末までに、日本と台湾を含む、アジア10カ国で1000万ユーザーの獲得をめざしており、年内に韓国進出を予定しております。

Q3、主なターゲット層と男女比を教えてください。

ターゲット層は、特に限定はしていませんが、メインユーザーは20代後半、その次に多いのは30代前半です。恋人や将来のパートナーと真剣にめぐり逢いたい、と思う人すべてに、利用して欲しいと考えています。

男女比は6:4となっており、日本のカルチャー的に、女性から積極的にアプローチをすることは稀なので、男性から女性へのアプローチがされやすいように、この割合を維持しています。

pairs3

Q4、サービス開始の経緯について、お聞かせください。

(中略)欧米では、online dating serviceと呼ばれる恋愛・婚活マッチングサービスは、男女の出逢いのきっかけとして、当たり前になっており、独身20代・30代の男女の約75%が、これらのサービスを利用しています。

その一方で、日本では未だに「出会い系」のマイナスイメージが強く残っており、その文化が根付きにくく、恋人や将来のパートナーと真剣にめぐり逢いたいと、考える人同士を結ぶ仕組みがありませんでした。しかし、欧米のマーケットを調べれば調べるほど、「このonline datingの波は、必ず日本にも来る」と確信し、事業を1年半前にスタートしました。

また、日本の人口は、2030年には9000万人まで減ると予想されており、未婚率の上昇や、晩婚化も課題です。それらの課題を解決したいというのも、「pairs」というサービスを開始した理由の一つです。

Q5、御社が考える、本サービスの魅力とは?

安全性の確保、相性の良い人とめぐり逢えるためのマッチングアルゴリズム、コミュニティ機能の3つです。(出会い系のイメージが残る日本での展開を考慮し、)「pairs」は、年齢確認のみならず、24時間365日投稿を監視することで安全性を確保しています。

また、「どの属性の人が、どのようなお相手にメッセージを送ると、反応があるのか」という細かい分析を日々行い、その結果をもとに、おすすめのお相手を紹介しています。そのため、おすすめされるお相手は、人によってすべて違い、またその結果も毎日変わります。

3つめのコミュニティ機能では、「人は、属性だけでパートナーを選べない」という考えのもと、共通の趣味でもマッチングできるようにすることで、より気の合うパートナーと出会う機会を、ユーザーに提供していきます。

pairs

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。