ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国への旅行者激減も韓流スターの徴兵見送りツアーは大人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本から韓国への旅行者は2013年は274万7750人と前年より21.9%も減少したが、韓流スターやアイドルたちは変わらず日本で活躍中だ。7月に武道館では14日間コンサートがあるが、そのうち6日間はK-POPのコンサートで、コリアタウンと化した大久保では毎日、韓流スターのイベントやライブが行われている。ファンにとって、憧れのスターと触れ合えるファンミ(※ファンミーティング)は大事なイベントで、なかでも軍に入隊するのを見送る「お見送りファンミ」は特別な意味を持つ。

 ある韓流アイドルのファンミーティングに初めて参加した30代女性は、周囲のファンの熱気に気圧されてしまったと言いながらそのときの様子を話してくれた。

「ファンミのチケットは9000円でした。1万円前後が相場らしいですね。チケットだけだと集合写真しか撮れなくて、ツーショットを撮りたいならプラス2000円とか、CDや写真集を買うと特典として『撮影券』や『ハイタッチ券』など、お願いしたいことが増えると追加のお金がかかります。あと、グッズを買うと生写真がついていたり。写真は何種類かあって、封を開けないとどれかわからない。全種類欲しいと思ったらいくつも買わないとならないので、みんなものすごい勢いで買うんです。AKBと変わらないですよ(笑)。

 韓国には徴兵制があるので、男性は芸能活動を中断して入隊する時期が必ず来ます。入隊時期が決まると、カウントダウンのようにコンサートやファンミが行われます。『さよなら』があって次は『おわかれ』とか、何度も“最後”のイベントがあります。そして本当の最後に、まさに入隊するその場所へ行って、お見送りをするツアーもあります。もうすぐ、日本で人気がある超新星のソンジェが入隊するのですが、本人が家族と過ごしたいと希望してお見送りツアーがないみたいで、ファンは理解を見せながらも残念そうにしていますよ」

 これまで何回も繰り返されてきた入隊お見送りの様子を、日本の芸能ニュースで見た覚えがある人も多いだろう。丸刈りにし軍服を着た韓流スターが、軍の施設に入ってゆく様子を女性たちが歓声をあげながら見送る、あの光景だ。集まっている女性たちは、いまや日本からツアーで駆けつけた人が大勢を占めている。そしてこのツアーは、日本の旅行代理店にとって貴重な商品になっていると旅行業界関係者は言う。

「お見送りツアーは2泊3日で料金は10万円前後が多いですね。普通の韓国旅行と比較すると割高ですが、ホテルから観光バスで入隊場所へ移動でき、確実に間近で姿を見ることができるので人気が高く、大型観光バスを何台も連ねてゆくことも珍しくありません。サービスがよければ入隊直前のあいさつをするために本人がバスに乗ってくることも。

 ファンミも韓国では無料が常識なのに日本は有料でもファンが集まる。お見送りツアーも、割高だとわかっていても日本のファンは大好きな人のためにと参加する。旅行業界はいま、パッケージツアーも韓国も人気が落ち目ですが、韓流ファン向けツアーだけは不振知らずですね。韓流スターに絡んだイベントやツアーの人気は、とうぶん衰えないのではと思います」(前出・旅行業界関係者)

 韓流スターは、ほとんど日本語が話せない人でも『愛してます』という言葉だけは覚えており、イベントのラスト近くに必ず口にするという。そして、その言葉が出ると、絶対に客席が沸きファンが喜ぶ。日本のアイドルやタレントではストレートすぎて口に出せない言葉を直球で投げかけるわかりやすさがある限り、割高だとわかっていてもファンミもお見送りツアーも人気を維持し続けそうだ。

【関連記事】
超新星・ユナクの入隊を見送るため、日本人700人が韓国入り
兵役帰り韓国スター 3000人から160人厳選でイベント実施
韓流ファンミ参加者 40代で109ファッション着用の女性も

カテゴリー : エンタメ タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP