ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、2014年度第1四半期はスマートフォン306万台を販売、前年同期からは減少

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモが2014年度第1四半期(4月~6月)の端末販売台数を公開しました。端末の総販売台数は前年同期の539万台から519万台に減少し、スマートフォンの販売台数も前年同期の335万台から306万台に減少しました。一方で、今回初公開?となるタブレットについては、前年同期の22万台から29万台に増加しています。全体の販売台数減少理由については、主にスマートフォン市場が飽和傾向にある中でAndroidの売れ行きが不調だったことや販売奨励金の減額が考えられます。タブレットについては、ドコモは2台目需要が伸びたことが大きく影響したと説明しています。スマートフォン利用数は前年同期比24%増の2,534万人と堅調に増えており、LTE利用者数の割合も今四半期で84%に達しました。Source : NTTドコモ(PDF)


(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「Shazam」にRdio経由でタグ付けした曲のフルバージョンを再生できる新機能が追加
LG G3の“Burgundy Red”と“Moon Violet”の製品画像
「Wear Audio Recorder」を使えばAndroid Wearがボイスレコーダーに早変わり

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。