ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これがMoto X+1? リアカメラはツインセンサー式ではない模様

DATE:
  • ガジェット通信を≫

木目調のバックカバーを備えた正体不明のMotorolaスマーフォン(プリプロダクションモデル)の写真が海外のWEBサイト Android Policeで公開されました。同サイトは、筐体の構造が「Moto X」に似ていることから半年ほど前から噂されているMoto X後継モデル「Moto X+1」の写真ではないかと予想しています。ディスプレイサイズは5.1インチとのことです。木目調バックカバーが標準なのかどうかはさておき、上部の3.5mmオーディオジャック付近が盛り上がったところや全体のフォルムはMoto Xを継承しているように思えてきます。ディスプレイの下には本体上部と同じサイズのスピーカーメッシュが見られるので、ステレオ再生に対応していると考えられます。Moto X+1については、フルHD解像度のAMOLEDディスプレイ、Snapdragno 800/801プロセッサ、2GB RAM/32GB ROM、背面に1,200万画素カメラ、前面に500万画素カメラ、2,900mAhバッテリーなどを搭載していると噂されています。先日も似た形状のバックカバーの写真(ケブラーファイバーでしたが)が流出しており、大きな2つの穴からリアカメラはツインセンサー式かと思われていたのですが、下部の大きな穴にはMotorolaロゴがプリントされています。カメラ用の穴ではなかったようです。Source : Android Police


(juggly.cn)記事関連リンク
パナソニック、インド向け「ELUGA」を7月30日に発表へ
Xperia ZL2(SOL25)の海外モデルとなる「Xperia Z2a(D6563)」の開封の儀&ファーストインプレッション
Android版「Shazam」にRdio経由でタグ付けした曲のフルバージョンを再生できる新機能が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP