ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アジアで話題の日韓中ユニットSAGA、ヨーロッパ進出決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『NO BORDER』をコンセプトに掲げ、すでに中国、インドネシア等アジアで大きな話題を呼び、この秋日本への初上陸も発表した日韓中ユニットSAGAが、続けてヨーロッパ進出を発表した。

2014年10月末から11月中旬までの3週間でヨーロッパ主要10都市以上を回る大型ヨーロッパツアーを開催する。
現在進行形でそのブッキングの数は増えており、既に決定されている都市はロシア、ルクセンブルグ、オーストリア、フランス、ドイツ、イタリア、ベルギー、ポーランド、スイス、オランダの10カ国。また、同時にヨーロッパで初のアルバムリリースも決定している。

ツアーを手がける現地オーガナイザーは
「初の日韓中ユニットとしてSAGAはヨーロッパ市場でも大きな注目を集めています。ヨーロッパには長年にわたるJ−POPファンの土壌がある上で、最近では熱烈なK-POPのムーブメントがあり加えて、多くの中国人も居住しており、SAGAはそれらを基礎として、アジア音楽のファンだけにとどまらずヨーロッパのメインストリームにまで受け入れられる可能性が十分にあります」
とコメント。

<日本人メンバー RIO コメント>
とうとう念願のヨーロッパデビューです。たくさんの人たちに支えられて、一年目から世界を旅できる喜びを、僕の全てのかけた音楽で表現して感謝をエナジーで送り返したい。
国境を超えることによって生まれた僕たちが、さらにアジアを超えて何ができるのか、それを確かめにいきたいと思います。

<韓国人メンバー RAMY コメント>
デビュー初年度にヨーロッパツアーが決定して、夢見たことが一つずつ行われるたびに、大きな感謝と共に、また気合いが入ります。
一日も早くSAGAの最初のアルバムを持ってヨーロッパにいる方々に会いたいです!
世界中のSAGAの歌が響き渡ることができるように懸命に進みます。

<中国人メンバー KEVIN コメント>
今回のヨーロッパツアーを本当に楽しみにしているし、その中で挑戦したいことがたくさんあります。
時間の限り最高のショーができるように備えていくつもりです。
ヨーロッパは音楽と芸術の原点、そこにSAGAの足跡を残し多くの人に見てもらえるようにベストを尽くします。

またSAGAはヨーロッパツアーの前にアルバム発売に伴う初来日を発表しており現在アメブロ等を運営するサイバーエージェント社の「makuake」にて2ヶ月にわたる世界発売アルバムのためのクラウドファンディングプロジェクトを開催中。
制作者の一人としてアルバムに名前を入れる権利から、オリジナルソングの作曲またメンバーによる各国の手料理など、支援者のためのユニークなプレゼントを提供して話題を集めている。

SAGA Makuake内ページ

『アジアをひとつに』というコンセプトのもと、悪化をたどった日韓中の関係を音楽で再び繋ぐというSAGAのテーマは、アジアを超えて欧州にまで共感を呼び広がり始めたようだ。

関連リンク

SAGA Facebook
SAGA Official Site

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP