ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テレビで紹介された「まつざきしげるいろ」が話題 「本当にあるのかよw」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

12色くらいのセットが目立った昔とは違って、現在では実に様々な新色が入っている絵具セット。そんな絵具のなかで、目下、話題となっているのが、7月25日放送の情報番組『ヒルナンデス』で紹介された「まつざきしげるいろ」だ。

その名が示すとおり、この「まつざきしげるいろ」は、歌手で俳優の松崎しげるをモチーフとした色。彼のトレードマークとして知られる日に焼けた肌の色であるため、いわゆる茶系。

これは以前、フジテレビ系の『トリビアの泉 ~素晴らしきムダ知識~』での実験結果を受けて、文具メーカー・サクラクレパスが、それまでの茶色と置き換える形で、「まつざきしげるいろ」(#55)の入ったマット水彩セット『MW12PT』を実際に発売するという珍事を生んだ、いわば”伝説のカラー”だが、このあまりに”ネタ感”が漂うネーミングに、ネット上では「本当にあるのかよwww」「ワロスwww」といった声が相次いでいる。

なお、番組の実験に協力し、実際にこの色を発売したサクラクレパスによると、既存の他カラーでこの色を再現するためには、

黄色(#3)25%
朱色(#18)45%
緑(#29)14%
白(#50)16%
※()内はサクラクレパスの色番号
の比率で混ぜ合わせればよいということなので、気になるという人は、お手持ちの絵具で試してみては如何だろうか。

文・藤井一成

【参照リンク】
・該当ツイート
https://twitter.com/fukushi12/status/492545773557395457/photo/1 

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP