ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

住田隆がビックリ! 愛されて80年、皮が閉じていないのに肉汁たっぷり「焼餃子」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月24日放送の「L4YOU!」(テレビ東京系、毎週月~金曜午後4時)では、「スタミナ倍増!この夏オススメ餃子」と題して、リポーターの住田隆さんが、神保町から徒歩2分、すずらん通りにある餃子専門店「スヰートポーヅ」(東京都千代田区)を訪れた。

 創業約80年の同店を訪ねた住田さんのお目当ては、包まれていない「焼餃子(8個)」(500円 税込み)。普通の餃子と違い、皮の両端を閉じず、あんの肉汁を両端の皮に染み込ませて、皮もおいしく食べられる一品だ。あんは歯応えが残るたっぷりの粗びき豚肉にキャベツとショウガを合わせて仕上げたもの。焼き方にもこだわりがあり、調理中に少量の水を5回かけて、鉄板の温度を下げ過ぎずに蒸し焼きを繰り返すのだという。

 住田さんは、あんの肉汁を気にしつつ「焼餃子」を食すると「皮に肉汁というのも分かりますが、中でも、これは閉じてなくても肉汁があるんですね! もっとパリパリしてるかと思ったらすごく柔らかい感じだし、味もしっかりしています」と驚いた。また、酢じょうゆだけでなく、からしを付けシューマイ感覚でさっぱり食べるのもおすすめだという。試してみた住田さんは「合いますね、この味は!」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

(テレビに出たお店ニュース)記事関連リンク
ニュースのお店を見る:スヰートポーヅ(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:神保町のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:中華のお店紹介
ぐるなび検索:神保町×中華のお店一覧
住田隆がビックリ! 愛されて80年、皮が閉じていないのに肉汁たっぷり「焼餃子」
何が入っているかはお楽しみ! 約40種類の変わり種餃子「リー餃子」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP