ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

華原朋美が“芸人の聖地”浅草の鯨料理店でトロトロの「牛煮込み」を堪能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月23日放送の「お願い!ランキング 1部」(テレビ朝日系、毎週月~木曜深夜0時50分)では、「お試しかっ!スピンオフ企画 投票!食べたいもの選挙の旅!!」と題し、お笑いコンビ「タカアンドトシ」のトシさん、歌手の華原朋美さん、タレントの島崎和歌子さんらが「くじらの店 捕鯨舩(ほげいせん)」(東京都台東区)を訪れた。

 店先の看板には「鯨(げい)を喰って芸を磨け!!」と掲げられ、大物芸人も多く訪れることから、同店は芸人の聖地として知られているという。南極海の鯨を使った「鯨の竜田揚げ」や、貴重な部位を使った刺し身「鯨の睾丸」などを求める人で連日にぎわう。中でも「牛煮込み」は同店が創業して以来、38年間続く名物メニュー。牛肉がトロトロになるまで、毎日7時間みそと日本酒で煮込む一品だ。

 「いただきまーす!」と待ち切れない様子で「牛煮込み」を一口味わった華原さんは「軟らかい」と思わず目を見開き「おいしいよ~!」と上機嫌で語った。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

(テレビに出たお店ニュース)記事関連リンク
ニュースのお店を見る:くじらの店 捕鯨舩(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:浅草のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:浅草×和食のお店一覧
住田隆がビックリ! 愛されて80年、皮が閉じていないのに肉汁たっぷり「焼餃子」
何が入っているかはお楽しみ! 約40種類の変わり種餃子「リー餃子」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP