ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

RISING SUN ROCK FESTIVAL、過去15回のCLOSING ARTISTの映像公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

(C)n-foto RSR team
今年で16回目の開催を迎えるRISING SUN ROCK FESTIVALの、過去15回の“CLOSING ARTIST”の夜明けのライブを編集した映像【RSR CLOSING ARTISTS CHRONICLE 1999-2013】が公開された。

RISING SUN ROCK FESTIVALでは、オールナイトのフェスティバルとして朝陽と共に各年度のラストを飾る“CLOSING ARTSIT”がその年々の象徴としてオーディエンスの心の中に刻まれてきた。今年は、VocalにUA、原田郁子を迎えたフィッシュマンズのライブと共にRISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZOは朝陽を迎える。フィッシュマンズからコメントも寄せられている。

Message from フィッシュマンズ

茂木欣一です。
今回、ライジングの締めくくりをフィッシュマンズが務めることになり、本当に光栄に思っています!!どうもありがとう。

サン・ステージといえば、2005年の出来事が脳裏に浮かびます。佐藤伸治亡き後、
フィッシュマンズの名前で再始動した最初のライブ。
それまでずっと雨が降っていた石狩にやわらかな夕陽がさしたあの瞬間のこと。HONZIもいた、清志郎さんも歌ってくれた。

前進することに大きな力をくれたライジング。

サトちゃんに会えなくなってから、もう15年。でも彼が心を注いで紡いできた言葉とメロディーは、今でも普遍の輝きを放ち続けます。これからもそうでしょう。晴れやかな気持ちになったり、センチメンタルになったり、強気になったり弱気になったり…そんな終わらない物語を心を込めて鳴らし続けることが、フィッシュマンズとして大切なことなのだと思うのです。これからもこの音楽が、いろんな世代の人たちに届きますように。

この夏、最高のひとときをみんなで作りましょう。どうぞヨロシク!!

CLOSING ARTIST
1999年 サニーデイ・サービス
2000年 奥田民生
2001年 THEATRE BROOK
2002年 THE BOOM
2003年 ウルフルズ
2004年 オリジナル・ラヴ
2005年 斉藤和義
2006年 KEMURI
2007年 曽我部恵一BAND
2008年 東京スカパラダイスオーケストラ
2009年 the pillows
2010年 ASIAN KUNG-FU GENERATION
2011年 ハナレグミ
2012年 エレファントカシマシ
2013年 MONGOL800

【RSR CLOSING ARTISTS CHRONICLE 1999-2013】

関連リンク

RISING SUN ROCK FESTIVAL OFFICIAL SITEhttp://rsr.wess.co.jp(PC/モバイル共通)
RISING SUN ROCK FESTIVAL facebookhttps://www.facebook.com/rsrfes
RISING SUN ROCK FESTIVAL twitterhttps://twitter.com/rsrfes_official/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP