ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、片手で楽々と掴める7インチHDディスプレイのAndoridタブレット「Galaxy TabQ(SM-T2556/SM-T2558)」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungがスマートフォンで一般的な画面比16:9のディスプレイを搭載した7インチAndroidタブレット「Galaxy TabQ(SM-T2556/SM-T2558)」を中国で発表しました。Galaxy TabQは、韓国で5月に発売された「(新)Galaxy W」の中国モデルになります。中国ではスマートフォンではなくタブレットブランドで展開されるようです。Galaxy TabQの特徴はスマートフォンでは一般的な画面比を採用し、さらに、狭額縁デザインにより横幅を99.7mmに狭めて片手での持ちやすさを高めたところです。Galaxy TabQの主要スペックは、7インチ1,280×720ピクセルの液晶ディスプレイ、1.2GHzクアッドコアプロセッサ、1.5GB RAM / 16GB ROM(Micro SD対応)、背面に800万画素カメラ / 前面に200万画素カメラ、3,200mAhバッテリーを搭載。Wi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0、GSM/WCDMA/FDD-LTE/TD-LTE(SM-T2556)、GSM/TD-SCDMA/TD-LTE(SM-T2558)に対応。筐体サイズは191.84 x 99.7 x 8.95mm、質量は250gb。OSはAndroid 4.3(Jely Bean)で、ホーム画面の横向き表示モードや画面を分割してそれぞれに別のアプリを表示するマルチウィンドウ機能に対応しています。Source : Samsung China


(juggly.cn)記事関連リンク
Firefox OSのリファレンス端末「Flame」が7月28日に発売開始
HTC、HTC One(M8)のSIMロックフリーモデルとDeveloper EditionにAndroid 4.4.4の修正を含むAndroid 4.4.3へのアップデートを配信開始
Android WearでTesla Model Sを遠隔操作できるアプリガ登場

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP