ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

片付けの極意 物置、納戸の置き場所を作り、押し入れは天袋から

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 なかなか片付けられず“汚部屋”になる人も多いのではないだろうか。住まいの悩みを解決する「片付けの伝道師」としてこれまでに3000軒以上を訪問し、『ソロモン流』(テレビ東京系)でも紹介された空間プロデューサーの安東英子さんに聞いた。

 * * *
 まっ先に手をつけるのは家の外の物置。なければ家の中の納戸や押し入れなどの、収納スペースで、外から内に向かうのが私の片付け術です。

 たいがい家庭の物置や納戸には、「とりあえず」と捨てずにとっておいた物があるものです。例えば、子供は成人しているのにベビードレスや哺乳びんが入った箱。幼稚園、小学校時代の図画工作作品など、存在すら忘れている物が場所を占めています。

 それらの中で、どうしても残したい物以外は処分して、空きを作りましょう。この空きがあるかないかで、「リバウンド率」がグッと低くなります。

 ここに入れるべき物は、この後、各部屋の片付けをすると必ず出てきます。

 押し入れは「とりあえず」と押し込んで、そのまま放ったらかしになる危険性が高い場所。なかでも危険なのが天袋で、一度押し込んだら、次の引っ越しまで手つかずの人も多くいます。また、天袋は奥まで手が届かないため、出し入れしづらい場所。手前と奥の二重収納はやめましょう。

 押し入れの収納アイテムで注意したいのは、ふた付きのクリアケース。容量があってたくさん物が入りますが、重ねて使うと、下のケースを開けるときに手間がかかります。

 ですから使っていい場所はただ1つ。「天袋に一列に並べる!」です。

 ふた付きのクリアケースでよく見かけるのが、下の方が狭くなっている逆台形のタイプ。一列に並べていくと、下にすき間が、どんどんできてしまいます。ですから、最初のクリアケースを収納したら、隣は上下を反対に。こうして交互に収納するとデッドスペースがなくなります。

 天袋が整理されたら、次は押し入れの下の段。ここは“押し入れ用引き出し”を使って収納スペースにします。

 最後に押し入れの上の段を片付け。ここにお布団を入れると出し入れが楽にできます。

※女性セブン2014年7月31日・8月7日号

【関連記事】
部屋が汚い人は「押し入れや天袋も家賃の一部」と心がけよう
使わない引き出物 貰った時点で役目終えているので捨ててOK
ゴミ屋敷を片付けるコツ 作業開始前に「仕分け箱」の用意を

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP