ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

魔法のスプレー!?吹きかけるだけで“防水iPhone”になる「Impervious」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いつでもどこにでもスマートフォンを持ち歩く時代になった。スマホではいろいろなことができ便利だが、弱点は水に弱いこと。

最近ではAndroidなどで防水タイプがあるが、iPhoneではまだ防水機能付きのものはない。うっかり端末をプールやトイレ、川など落としてダメにした経験を持つ人もいるのではないだろうか。

そんなスマホユーザー向けに販売されているのが、吹きかけるだけでiPhoneを防水タイプに早変わりさせるスプレー「Impervious」だ。水だけでなく、コーヒーやチョコレート、油をからも守ってくれるというもので、1回の吹き付けで効果は3年間持続するという。

こう説明しても読者の多くは半信半疑だろう。しかしサイトにあるデモ映像を観てほしい。滝に打たれてもiPhoneはきちんと作動している。サイトでは、決して勧められる行為ではないと断った上で、内部にもスプレーすれば水深1メートルに30分浸かっても大丈夫としている。

また、ビデオにもあるように、スプレーは防水だけでなく防傷としても活躍する。カッターなどで切りつけても傷がつかない。

まるで魔法のようなスプレーだが、これを可能にしているのがナノテクノロジーなのだという。髪の毛の1000分の1という細かな撥水性の粒子で端末をコーティングする。

スプレーを使うときには、表面・裏面はもちろんサイドのボタンやイヤホンジャック、スピーカー、コネクタ部分にもまんべんなく吹き付ける。そして専用のクロスで吹いて終わり。

気になる値段はiPhone 5、5S、5c専用が39.95ドル、iPad Miniが34.95ドル、iPadは39.95ドルとなっていて、サイトで購入できる。水に落として買い直したり、修理に出したりすることを思えば安いといえそうだ。

Impervious

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。